脂質クラス2「脂質、免疫、慢性炎症の繋がり」〜乳腺炎発生機序から炎症の謎を解明せよ〜

脂質クラス2「脂質、免疫、慢性炎症の繋がり」〜乳腺炎発生機序から免疫の謎を解明せよ〜

講義内容

  • 脂質の基礎知識 〜リン脂質、中性脂肪〜
  • 中性脂肪はなぜ「中性」なのか
  • 食事で細胞膜の脂肪酸組成は変化するか?
    〜貴重な人リン脂質脂肪酸組成比較データ〜
  • ビタミンEとPUFAは常に「セット」
  • 過酸化脂質がダメージを与える臓器は?
  • 脂質と調理油の摂取量データ
    〜増えているのは植物油?動物油?〜
  • 食べ物で体が作られるのは捕食動物共通の仕組み
  • ヒドロキシルラジカル最大のターゲットは?
  • 過酸化脂質の最終産物アルデヒド
  • 脂肪酸から眺める自然界と身土不二
  • ルーメン内微生物がBiohydrogenationをする理由
  • 乳児とココナッツから学ぶ中鎖脂肪酸の役割
  • サソリと昆虫から学ぶタイトジャンクションと中鎖脂肪酸の作用
  • 世界の母乳脂肪酸組成データ
  • 乳腺炎発生のメカニズム大解剖!
  • 免疫の本質は「ゴミ処理」
  • 免疫抑制を起こすオメガ3
  • 乳腺炎の黒幕「エンドトキシン」
  • 乳腺炎で発熱が伴うメカニズム
  • 活性酸素はマクロファージの貪食機能に必須
  • 「おっぱいが出ない」と「乳腺炎」の根本的な理由は同じ
  • PUFA〜エストロゲン〜エンドトキシンの相乗関係
  • 次世代まで影響が及ぶエストロゲン
  • ストレス、コルチゾール、乳腺炎の関係
  • 高脂肪食と妊娠トラブルの関係

私たちを構成する脂肪酸組成と、慢性炎症がどれほどの関係を持つのか。また、そこに免疫はどのように関わるのか。

脂質クラス2では「乳腺炎」をテーマとしてヒト、牛、ココナッツの代謝を繋ぎながら脂質、ストレス、炎症の関係」免疫と活性酸素の関係」などを紐解きます。

乳腺炎をテーマとしていますが、そのほかの現代の慢性疾患全ては同じメカニズムで発生することを学びます。

これは他のどの病気をテーマにしても講座を作ることができますが、やはり植物、昆虫、動物、バクテリアまで含む「自然界」を横断的に駆け巡り、普遍性を持って解説していくのが僕の講座の醍醐味です。学問は視点を変えれば、勉学というイメージを打ち消す最高のエンターテイメント。

細胞レベルの代謝を学び、自然界を俯瞰して、慢性疾患の謎を解き明かしましょう。

この「脂質クラス2」を本質的に理解できれば、病気や健康に関する多くの謎や疑問がドミノ倒しで氷解します。

プロフィール

藤原 悠馬生化学講師、
EMFA1級電磁波測定士、整体師

「症状と食事を読み解く生化学セミナー」主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない俯瞰力と圧倒的なリサーチ力、分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。MCサビアンシンボルは乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。知識の中に留まる事なく実践と行動から現実と知識に架け橋を作り続ける。

受講生の声

  • ご感想
    世間に出回っている健康情報はひと部分を切り取っているだけのことが多く、人それぞれの場の違いや、長期的に、あらゆる角度からまたは全体的に見て、様々な影響を受けあっていることを考えて、自分のからだの反応をよく観察して判断することが大切だとよくわかりました。

    動植物それぞれの生き方によって必要な脂肪酸や栄養素、なるべくしてなっている自然界の法則を知り考えること、ミクロとマクロを行き来して考えることは本当に面白く大切なことだと思いました。
    それを教えてくださるこの講座はありがたく、素晴らしいと思います。

    「セミナー受講者様からのご感想【東京2018.08.04-05】」から一部抜粋

開講スケジュール

日時 場所 受講料 申込 / 備考
2018/11/23(金)
15:30-17:30
八重洲藤山ビル 2階「ふれあいセミナールーム八重洲④」
東京都中央区八重洲1丁目9-8   [地図]
受講料 ¥6500 再受講¥3500 申し込み

残席あり

11月24日&25日の全6クラス一括受講で¥39000 → ¥35100 (10%割引)
2018/12/27(木)
12:30-14:30
竜美丘会館 4階和室(末広の間)
愛知県岡崎市東明大寺町5番地1  [地図]
受講料 ¥6000 再受講3000円 申し込み

残席あり

お子様連れ可

講座・セミナーSeminar