糖代謝メカニズムの全貌 後編

今回は本格的な生化学講座になります。

 

講義内容

  • TCA回路と電子伝達系の基礎
  • TCA回路の酸化系(エネルギー産生系)と還元系(生合成系)の理解
  • NADPH産生系の全貌
  • 解糖系とTCA回路を合わせた生合成系の全貌
  • キノンサイクル
  • 大きく違う複合体IとIIの性質の確認
  • TPP依存酵素(PDH、α-KGDH)活性の生理的意義
  • α-ケト酸代謝と生合成系
  • 水溶性ビタミンの生理的意義
  • 脂肪酸のβ酸化
  • ケトン体の生合成と利用
  • タンパク質、アミノ酸、アンモニアの代謝

 

上記のような生化学の基礎をじっくり学びつつ

「細胞は何を望み、ストレスにはどのように対処するのか」
「慢性的な抗ストレス状態は、細胞に何をもたらすのか」

を考えていきます。

 

そして基礎を踏まえながら

 

  • かつての日本で脚気が国民病となっていたのは何故か
  • 全ての脳神経疾患、脳機能低下は「糖のエネルギー代謝障害」の結果である事
  • TCA回路内のα-KGDHがROSを産生する生理的意義
  • NAD+/NADH比の低下が老化や疾患の根幹にある事
  • アルツハイマー病は血液脳関門の破綻から始まる事
  • そしてアミロイドβが体内産生される事には重要な生理的意義がある事
  • AβあAβオリゴマーの除去を試みれば「癌」へ繋がる事
  • GAPDHとAGEs(終末糖化産物)の生理的意義
  • グルコサミン投与と体内産生でインスリン抵抗性が発生する事
  • ROSの産生場「呼吸鎖」と、そのターゲットとなるPUFA
  • アルデヒドが広範囲に糖代謝経路を阻害する事と、その生理的意義
  • ポリオール経路(体内での果糖生合成)の生理的意義
  • 視力低下の本当の原因
  • アルコール代謝の全貌と、飲酒の善悪の考え方
  • 長寿遺伝子サーチュインが教えてくれる事「NAD+/NADH比」の重要性
  • 脳ー肝臓ー全身のネットワークとインスリン感受性の重要性
  • 糖新生とタンパク代謝
  • 全てを繋げて俯瞰し「電子の流れの障害=老化、病気」であると理解する事

 

こんな事をレクチャーさせて頂き、質疑応答を交えながら皆で理解していく事を目指します。

 

エネルギー代謝学第3回「糖代謝メカニズムの全貌 後編」

開催日時

名古屋:8月3日、4日(終了しました

大阪:8月24日、25日

東京:9月7日、8日

 

受講料

一般:3万円(東京のみ3万2千円)

非一般:6万円(東京のみ6万4千円)

 

受講資格

  • 昨年の生化学セミナー全6クラスを受講されている方
  • エネルギー代謝学第2回を受講されている方

 

セミナーの開催場所は下の記事内から確認できます。

2019年「エネルギー代謝学」セミナーの受講料と第1回の概要

一般、非一般の区分はこちらでご確認ください。

honoiroは情報の消費者側から健康業界の革新を起こしていきます

 

今回の講義でご理解頂ける内容を象徴する一文を、
イラストレイテッド ハーパー・生化学 原書30版 (Lange Textbook シリーズ)
から引用します。

 

ラジカルは、細胞情報伝達、
特にDNA障害が起こっている細胞に
アポトーシスを導く情報伝達において重要である。

高濃度の抗酸化物質は、
組織を傷害から保護するというよりも、
むしろ情報伝達に関わるラジカル類を
消去する可能性がある。

その場合には、
傷害を受けた細胞が引き続き生存できることになり、
がんの発生リスクを減らすよりも増やすことになる。

 

このような「還元ストレス」を理解できる、
国内最高峰のレクチャーをご用意させて頂いたつもりです。

 

刷り込まれた善悪論を消去し、
真実を掴みにいきましょう。

 

 

プロフィール

藤原 悠馬生化学講師、占星術講師、EMFA1級電磁波測定士。

「症状の原因を根本から読み解く エネルギー代謝学」セミナー主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない圧倒的な俯瞰力と分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、薬剤師、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。2019年より「生化学講師が教える 占星術の基本の考え方とホロスコープチャートの読み方講座」を始動。IC魚座29度「プリズム」/MC乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。全ての生命の普遍的な創造原理を、文献や生活の全てから抽出し、具体化するのが生業。

開講スケジュール

日時 場所 受講料 申込 / 備考
9月7日、8日
東京 
受講料 ¥32000(一般)/ ¥64000(非一般) 申し込み

残席あり

講座・セミナーSeminar