元気な子にワクチンは要らない

愛知名古屋でのワクチン講座が終わりました。

GWにも関わらず、たくさんの方にお集まりいただき。
ありがとうございます!

 

 

今回、内容・構成を大きく見直しました。

最初のスライドは、今回のブログのトップ画像です。

「元気な子にワクチンは不要」

なぜ、そう言い切れるのか、ということを
カラダの仕組みからお伝えさせていただきました。

 

再受講の方より
「いつもよりお話も資料もわかりやすかったです‼」
というご感想をいただき…

 

私自身が体の仕組みの理解が深まってきた今だからこそ
すっきり説明できるようになったのだと思っています。

 

 

ご感想です。

「仕組みが分かれば選択に迷わなくなるなと確信できました。」

「本やネットで予防接種の必要性、不必要性を見て、打たない方向で時間を過ごしていますが、そう選択した自分自身の決定の理由を明確にすることができたと思います。」

「頭フル回転でこちらもがんばってついてゆきました~!2時間の講座、すごくわかりやすくて、ぎゅ!と詰め込まれている大切なことばかりなので、何をきいてもメモメモでした。」

 

 

 

ワクチン問題は混沌としています。

ワクチンに疑問を持つと
■自然派
■反科学
■反医療
などと言われたりもします^^;

honoiroは科学に忠実にありたいと思っています。
その視点であることで
ぶれない軸ができる。

夫婦での意見の相違も、健全な議論ができる。

 

 

 

 

その病気になるか否かは、自分のカラダの場次第。
重症化するか否かも、自分のカラダ次第。

 

今のその状態が

今までの自分の結果です。

子どもの場合は、親の選択の結果です。

 

症状は自分の(親の)結果という認識が、症状克服への第一歩。

 

我が子が大切だからこそ。
感染症になったらかわいそう、つらいのはみたくない、

その気持ちはわかります。

 

でも、本当に我が子を大切に思うならば
それは一時的な対症療法にすぎないんじゃないかなって。

 

感染症に罹らないようにしよう!
ではなく。

感染症に罹っても、その感染症に負けない体であろう!

 

この視点で考えていくことが
遠回りのようで
一番の根本的な解決策です。

 

 

 

これは症状のことだけでなく
大人も同じだなぁと…

自分で乗り越えるからこそ、力になる。

葛藤を乗り越えた時に見える世界がある。

 

安定していることを「善」とすることで
大切なことが見えなくなる。

自分の成長がなくなる。

 

 

私も今、葛藤の時で…
逃げずに取り組んでいきたい。

その先の世界を見たい。

 

 


 

ワクチン講座、関西でも開催したいと思っています。
対面はやっぱり私も嬉しいです^^

6/ 12京都駅徒歩圏内で開催いたします。

 

オンラインでも開催させていただきます。6/18

カラダの仕組みから考える予防接種講座【6/12 京都】

 

 

 

ワクチンに関連する過去のブログ記事です。

川崎病という切り口から「予防接種」や「炎症」について考える

 

風疹についての、考察。

 

予防接種について旧ブログのリンクまとめ

 

 

 

藤原 悦子自然療法スクール&サロン、
お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。2013年、長女の出産をきっかけに、薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を愛知を中心に開催。(のべ1500名以上の方にご受講いただく。)西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。二児の母。(現在第三子妊娠中)

藤原 悦子ブログEtsuko's Blog

お薬に頼らない子育てを
目指すママへ

藤原 悦子お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。長女の出産をきっかけに薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、予防接種の講座などを開催。西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。3児の母。