症状は自分の(親の)結果という認識が、症状克服への第一歩。

症状って、病気って

どうして起こるのでしょうか。

 

 

 

 

 


 

看護師をしていた頃。

 

患者さんという方は
なんて不運なんだ…

 

そう思っていました。

 

 

 

そして、私自身の不調、肩こりさえも

お薬が治してくれる、と
私は本気で思っていて。

 

 

 

 

そんな私だからこそ。

ステロイドも塗っていましたし

ピルも飲んだり。
(自覚症状はなかったのですが、婦人科で働いていたので、エコーを無料でしていただいたら3㎝くらいの子宮筋腫があり、投薬すすめられたため。今は妊婦健診の際にも何も指摘されないくらい小さくなりました。)

 

 

 

 

 

そして、そこから代替療法の世界を知り。

今、起きている症状は
自分の結果

という視点を
本当の意味で知ることとなり。

 

 

 

 

 

でも、そこから。
今度は、お薬が今の病気(症状)を引き起こしているんだ。

予防接種がその症状の原因なんだ。

 

 

 

そんな意識を強く持ってしまったように思います^^;

 

 

これって、結局のところ、
責任を今度は別のところにもっていっただけ。

 

 

また同じ考えに陥っていました。

 

 

 

 


 

 

私自身、ステロイドを20年以上、使ってきて。

 

そして、20代の食事が本当に酷く。
(これ、いつか、詳細にブログ記事にします。)

 

 

そうして、お薬を辞め、食事を見直して6年。

 

今も皮膚症状に向き合っている日々です。

 

 

 

 

症状ってつらい。
でも。

 

この症状って、誰の責任?

 

ステロイド?

 

確かにそうとも言えます。
ステロイドは、免疫を抑制するのがお仕事。

 

元々の皮膚症状は
体内にある、不要な物質を
皮膚という場所から排出した

 

つまりは、免疫、という仕組みが発動した結果

 

 

 

 

でも、目に見える場所だけに。
皮膚はね。

当時の私は、ずっと、その問題に向き合わずに

 

「その症状、つらいから、今、ごみ掃除はしないでね♡」
=免疫さん、働かないでね!

 

という、ステロイドというお薬を選択し続けて。

 

 

 

その結果、ステロイドのお薬のデメリットも含めて
こうして、今、向き合うことになっています。

 

 

 

でも。

 

 

それはステロイドが本当の意味で、原因なの?

 

 

 

もちろん、yesとも言えますが

本当の原因は
私が安易にステロイドを使ってきたこと。

 

 

今、起きている症状について
自分で考えることのできる大人になってからも

自分自身の生活習慣の結果、とは思うことなかったこと。

 

 

 

そして、そのお薬が
どういった機序をもって
症状を抑制させているのか

そこに疑問を持たずに
慢性的に使い続けてきたこと。

 

 

お医者さんが言うままに
自分で考えず

そのお薬を使っていれば治ると
安易に多用してきたこと。

 

 

そして、生活を整えることや
食べるということを軽率に考え
疎かにしてきた結果。

 

 

頼むよ、母ちゃん。
youだけの問題じゃないのよ。
3世代、影響するのよ。ホルモン系は。

←ひょえ~。今からがんばるからね♡

 

 

 

 


 

そんな自分自身の経験があるからこそ。

 

症状というものは

自分自身の結果であり

 

 

誰のせいでもない。

 

自分の責任。

 

 

 

今はそう認識しています。

 

 

 

 

厳しく感じるかもですが

子どもの場合は、親(母親だけでなく、父親もです。)の結果です。

 

 

遺伝子異常、という状態も
突然、遺伝子が異常を起こることはありません。

 

遺伝子が異常を起こすような
場(環境)があったから。

 

その場(環境)は誰が作ったのか。

  • 祖父、祖母、両親の影響
  • 母胎内の環境
  • 出生後の環境

 

 

今、爆発的に増えている、アトピーも、アレルギーも、発達障害も、同じです。

 

 

 

 

 


 

 

こんなことを書くと

辛く感じる方もいるかもしれません…

 

 

 

 

でも、この認識がない限り。

本当の意味での
症状の克服はないと思っています。

 

 

 

今までだったら、耳障りのよい言葉で
私は肯定してきました。

お母さんはそのままで大丈夫って。

 

 

 

でも、ね。

 

環境(場)がすべてを決定する

 

その認識を持つことで

 

 

本当の意味での
症状の克服に向けて

歩んでいけると思っています。

 

 

 

 

そして、それは、
自分でできる。

 

 

というか、自分でしか出来ない

 

 

 

これは、決して、西洋医学や代替医療を全く使わない、とかではなく。

それすらも、自分で活用していく、という意識が大切だと思っています^^

 

 


もちろん、安易に薬を処方する医師にも
問題があると思っています。

私自身も講座で発信することに同じ責任感を持っています。

 

 

 

 

そして、何か問題が起きているならば。
症状でも、人間関係でも

 

そのままで大丈夫、は違うかな~って^^

 

自分の結果と認識し
自分でしか治せない
自分自身でしか解決できない
肚をすえたとき。

必ず、必ず、状態はかわっていきます。

 

 


 

もちろん、症状って本当につらい。

克服するには自分に向き合わなくちゃならない
(しかも見たくないところ。笑)

 

 

生活、生き方、すべてを

見直さなくてはならないかもです。

 

 

それって覚悟もいる。

 

でもね、だからこそ
自分で自分の人生の舵取りができるし

きっと、新しい世界が広がる。
これは間違いないっす^^♡

 

 

末っ子おんぶして、畑。笑

 

 

 

 

ただ、その歩みは
長いのでね。

症状に向き合う道のりは。

 

 

 

その時に、大きな杖となるのが

体の仕組みを知ること。

症状の仕組みを知ること。

 

 

そう思っています。

 

 

 

 

あなたに合う、合わない食材がある
体質だよ
遺伝子異常だよ
人それぞれだよ

 

これは一見、多様性がある人のように見えて
相手を尊重しているように思える言葉。

 

でも、ただ、何もわかっていなかったなぁって…
←過去の私です。

 

 

 

合う合わないがあるならば、なぜ、そうなのか。
遺伝子異常はなぜ起こるのか
なぜ、今、その体質という状況を作り上げてしまったのか

 

 

そのメカニズムを追求し、お伝えすることが

私なりの、寄り添い方だと思っています。

 

 

 

 

 

 

そこから見える、体のメカニズムの世界は
ほんとーーーーーに

エンターテイメントです♡

 

 

 

 

葛藤がなくちゃ、新しいものは生まれない。

破壊が起きて、再生。

 

 

 

答えは
解決策は

すべて、自分で生み出すことができる。

 

 

自分でしか生み出せない。

(これって、素晴らしいことだと思っています♡)

 

 

 

 

ということで
私も、歩んでいる過程。

って、一生だな~。

一緒に歩みましょ~^^♡

 

レッツゴー♡

 

 

 

 

 

 

次の私の講座はGWの愛知です。
私の講座は、母ちゃん目線です^^

4/29 名古屋 予防接種講座
4/30 愛知岡崎 風邪熱の仕組み&お手当講座
5/1 愛知岡崎 皮膚の症状の仕組みを考える講座

【今後の講座予定一覧】3/12 更新

 

 

 

悠馬さんのこちらの記事もぜひ。

「人それぞれ」「万人に合う食事法はない」は便利な言葉

 

 

 

症状の根本から読み解くエネルギー代謝学セミナー
がっつり学びたい方、がんやホルモンを理解したい方はぜひ挑戦してください^^

脂質と糖質の理解なくして、症状の本質的な理解はないっす。

〜症状の原因を根本から読み解く〜 エネルギー代謝学(全クラス一括お申し込み)

 

 

 

藤原 悦子自然療法スクール&サロン、
お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。2013年、長女の出産をきっかけに、薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を愛知を中心に開催。(のべ1500名以上の方にご受講いただく。)西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。二児の母。(現在第三子妊娠中)

藤原 悦子ブログEtsuko's Blog

お薬に頼らない子育てを
目指すママへ

藤原 悦子お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。長女の出産をきっかけに薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、予防接種の講座などを開催。西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。3児の母。