子どもの乳児湿疹は必ず治るからこそ、気をつけたいこと。

 

 

以前のブログで、「子どもに、ステロイドを使うか、使わないか、という選択」という記事を書かせていただきました。

 

とても繊細なところなだけに、これについては一言では表現しずらいので、よかったら、記事を読んでいただけたら嬉しいのですが…

 

ざっくりまとめますと、ステロイドは症状を抑制しているだけ、つまり、免疫抑制作用。

一時的に、症状は治まります。

でも、本当の意味で根本解決ではありません…

 

 

ステロイドの使用云々も含め、お子様の乳児湿疹で悩んでいる方が、現代はとても多いのかな、と感じています。

 

 

ただ、子どもの場合。

これだけは言い切れます。

 

必ず、必ず、治ります。

 

薬剤の慢性的な(長期的な)介入がなければ。つまり、ステロイドを慢性的に使用しなければ、時間はかかりますが、必ず治る。

ただ、それには数ヶ月〜1年以上という年月を要する方も多い印象です。

 

そこに向き合う、母の気持ちが保てるか、忍耐力が保てるか、という問題があると思っていますが… 向き合っているその日々は、本当につらいですよね…

 

 

でも、必ず、治ります。

(ただ、状態によっては命に関わるほどの乳児湿疹の場合もあり、西洋医学を否定しているわけではありません。その辺りは講座でお伝えさせていただいています。)

 

 

 

正直、食事に関しても…

 

今、色々な食事療法がありますが…

 

出来合えのものでなく、手作りをするようにして。

そして、品質をそれなりに気をつけて、添加物は控えることは意識されれば。

 

 

どんな食事療法でも、子どもの皮膚症状に関しては、正直、大差はないと思っています。

 

だからこそ。

「この食事療法でよくなった!」と思いが強くなりやすいのかな、と…

 

むしろ、そこには気をつけなくてはと…

そのまま、その食事療法を続けていくことには、正直、注意が必要だと思っています。

 

 

 

 

もちろん、アレルギー症状があるならば、その食材は控えた方がいいとは思います。

 

ただ、それ以外は、適当に色々な食材を、旬のものを、そして、出来る限り品質のよいものを、美味しくいただくことが一番かな、と^^

 

 

 

 

 

そして、色々な自然療法、代替療法がありますが、これに対しても、お母さんが納得するものを選択されればいいのかな、と^^

 

でも、その療法をしてもしなくても、子どもの乳児湿疹は、治る日は来ると、私は思っています。

 

反対に、その療法をしなくちゃ治らない、というものもないと思っています。

 

 

ただ、症状はそうは言っても辛い。

それが少しでも和らぐのならば…
色々な代替療法、ありがたいです^^

 

 

 


 

だからといって、症状に対し、何もしなくてもいいかといったら、もちろんそうは思っていなくて… 

 

わ〜 ややこしくなってきました?申し訳ないっす…!!

 

 

乳児湿疹に限らず、どの症状も、根底にある原因はすべて同じだと思っています。

 

 

・石油由来成分(環境ホルモン=エストロゲンや、農薬、添加物も含みます)

・過酸化脂質

・重金属

 

これらが、今の症状と言われるものの、すべての根底にあるのかな、と。もちろん、他にも、電磁波とか、カラダを使っているか、等々ありますが…

 

これらにより、カラダのエネルギーを作る機能がダメージを受ける。

 

そこが大きな問題だと考えています。

 

 

 

子どもは、このエネルギー産生能力のダメージが、まだ少ないからこそ。あまりに不自然な食事ではない限り、回復する力もあるのかなぁと…

 

もちろん、胎児の状態で、すでにダメージが大きい場合もありますが…

 

これは、母の生活によります… 
お腹にいますからねぇ。
母が取り込んだもので、できている…

これも、過去に記事にしていますので、よかったら^^
食べたものが、胎児や母乳に影響する?しない?

 

 

って、そうゆうこと言うと、母のストレス!?
ま、一緒に、今からやれること、やりましょ〜♡笑

 

 

 

そうなると、やっぱり、どんな食事が?という話になり。

 

これに関しては、私も、過去、よかれと思っていた食事が、今はそう思っていないこともあり…

我が家で気をつけているものは、これらを避けている、という具合ですかねぇ。食事はもちろん、日用品とかも。

 

・石油由来成分(環境ホルモン=エストロゲン、農薬、添加物)

・過酸化脂質

・重金属

 

 

具体的には、シードオイルは使っていません。菜種油とか…

今も流行り?なのかな? 亜麻仁油とかも…ないです。オメガ3系の油を不自然な形(サプリ)などで摂取することは、もちろん、していないです。

 

環境ホルモンが懸念されるような、プラスチック用品は、極力、使っていないかなぁ。同じく、大豆製品も、発酵していないものをそのまま常食はしていません。

 

 

反対に、乳製品は美味しく頂いています。

もちろん、お肉も頂きます。

 

砂糖も昔は良くないと、そのようにお伝えしていました… ごめんなさい。今は摂取しています。(もちろん、品質は意識しています。)

 

そんなこんな、悠馬くんが丁度、記事にしてくれていますので、ぜひ、ご参考に^^
インスタグラムで我が家の食事を公開している理由

 

 

結局のところ、品質は意識して
色々な食材を頂く。

 

ここに尽きるなぁと思っています。

そうして、食べたもので、私たちのカラダができていく。

 

そのときの、大きな指標となるのが
生化学の世界なのかな、と^^

そして、その食事は全く辛いものじゃない。
「美味しい」と本当に思うのでね^^

 

 

 

 

…乳児湿疹の話でしたね。笑

 

そう、必ず、治ります。

その時に、母の忍耐のため、といいますか…
知識が、子どもの症状に向き合うときの支えになったらなぁと…

 

そんな想いで、皮膚の講座を開催させてもらっていました。
産後、一番に再開したい講座です。

 

 

悠馬くんの、糖質クラス1脂質クラス1
何を食べたらいいの!?
と思っている子育てママにこそ。
お勧めの講座です。

 

 

 

 

 

藤原 悦子自然療法スクール&サロン、
お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。2013年、長女の出産をきっかけに、薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を愛知を中心に開催。(のべ1500名以上の方にご受講いただく。)西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。二児の母。(現在第三子妊娠中)

藤原 悦子ブログEtsuko's Blog

お薬に頼らない子育てを
目指すママへ

藤原 悦子お薬に頼らない子育てを応援
自然療法スクール

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。長女の出産をきっかけに薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を開催。西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。3児の母。