陣痛とお産・・・3人目が産まれました

6月1日、23時44分に第三子、女の子が誕生しました。

 

今回、色々なご縁が重なり。
自宅でのお産をさせていただきました。

自宅お産、2013年のデータで、0.1%のようです。1000人に1人。

貴重な体験をさせてもらったんだなぁと…
せっかくなので、ブログに残したいと思います^^
(長いです……笑)

 


 

お産ってどんなイメージがありますかねぇ?
陣痛はじまり→分娩、って感じですかねぇ?
(産んだ方からしたら、当たり前?)

 

じゃ、陣痛って一体、なんなんでしょうね?

Wikiさん引用。

陣痛とは、出産を前に子宮がくり返す規則正しい収縮のこと。またそのときに母体が感じる痛み。初期には間隔も長く、「腹が張る」「硬くなる」といった程度だが、お産が進むに連れて間隔が短くなっていき、収縮の度合もきつくなり「痛み」を認識するようになる。

 

つまり子宮が収縮する時の痛みのことなのですが…

 

 

そんな簡単な表現だと…
「痛い」だけの印象になってしまう。

 

 

うん、もちろん、痛いのですが。笑
3人目でも、うん、やっぱり痛かったのですが。笑

 

でもね。なんだろう。陣痛をね。「痛い」っていう言葉だけで表現しちゃ、もったいないなって…

 

 

あれほどまでのエネルギーを生み出すことが出来る、赤ちゃんの力や、自分自身のカラダ、そしてそれを耐えることのできる、肉体と精神。

 

こんなこと、お産以外であるのかなぁって思うのです。

 

本当に神秘的で
お産って。

奥が深いなぁって思わずにはいられない…

 

 

でも、やっぱり!
カラダの仕組みから知りたくなりますので。笑

お産レポのブログのつもりでしたが。
「陣痛ってなあに?」

まずはここからいきます〜❣
(興味ない方は、すっとばしてくださいませ〜笑)

 

 


 

陣痛って、そもそも、カラダの中の、どなたがどんな機序で引き起こすのでしょうか?

 

ガイトン生理学の最新版を、悠馬くんが丁度購入されていまして。そこから引用させていただきます。

 

陣痛(=子宮収縮)が起こる機序としては、以下だそうです。

①ホルモン変化により、子宮筋の刺激性が亢進する

②機械的変化が進行性に起こる

 

ただ、「なぜこうなるのか、まだ解明されていないが、こういった機序が想定されている」と記されています。

 

 

ではでは、もうちょい詳しく見ていきます〜!

 

①ホルモン変化により、子宮筋の刺激性が亢進する

◎エストロゲンとプロゲステロン

妊娠中、この両ホルモンの分泌はぶわ〜と増えていきます。「女性ホルモン」とか呼ばれています、このホルモンたち。いろーーーんな仕事をしてくれていますが、両者はお互いにシーソーみたいに働いています。

子宮の収縮に関しては、エストロゲンは子宮収縮を促進し、プロゲステロンは反対に抑制します。

 

エストロゲンは分娩時まで、ぶわ〜と増えていきますが、プロゲステロンは妊娠7ヶ月くらいから、増加が止まり、そこからは同量程度が分泌、又は減少していくそうです。(ちなみに、分娩後、どちらも一気に分泌は下降します。)

つまり、子宮収縮能のエストロゲンの分泌の割合が、子宮収縮を抑制させるプロゲステロンと比較すると、妊娠後期は増えていくことで、子宮収縮機能亢進(=陣痛)の一因となる、と想定されているようです。

 

余談ですが、だから、妊娠後期になると、症状が出るのかなぁと… 皮膚症状とか。エストロゲンは炎症の原因です。

このあたり、以前、つわりについての考察でも記事にしていますので、よかったら読んでみてください^^ ▶つわりについての考察①〜④

 

さらにさらに、余談ですが、エストロゲン過剰の現代人、こういったところも、もしかしたら、切迫早産などの要因の1つとなりうるのかなぁとか… 

悠馬くんが年内に、ホルモン講座を開催してくれると思うので、そこで私も学びたい〜♡

 

 

◎オキシトシン

「母胎の神経下垂体から分泌され、子宮収縮能を亢進させると信じられている。」

「胎児の下垂体からもオキシトシンを分泌し、これが母胎子宮を刺激している可能性がある。」

と記されておりました。

 

オキシトシン、「愛情ホルモン」なんて言われていますが、ストレスホルモンです。

つまり、ストレス下において、分泌される。

確かに、お産って、ある意味、カラダにとっては超ストレス。笑

だからこそ、分娩時、分泌されるのだろうなぁと…

この辺りの詳細も、ホルモン講座で学びたい〜♡

 

 

 

◎胎児からの、その他のホルモン

「胎児副腎皮質は大量のコルチゾールを分泌しており、これも子宮刺激的に作動する可能性がある。」

「卵膜は分娩時に大量のプロスタグランジンを放出しており、これが子宮収縮強度を高めている可能性。」

 

…ちょいと難しいですかね?

ま、こうやって色々なホルモンさん、陣痛に関与しているかもね!ってことかと^^

 

 

 

②機械的変化が進行性に起こる

子宮筋の伸展や、子宮頚部(子宮の中で、赤ちゃんが出て行く方)の伸展や刺激により、子宮収縮が引き起こされていくようです。

つまり、子宮収縮が繰り返されることにより、どんどん陣痛が強くなっていくのは、子宮の出口に向かって赤ちゃんが出ようとすればするほど、その刺激で、子宮全体がまた収縮していく、そうして、さらに、陣痛が強くなり、分娩が進む、ということのようです。

 

 

すごいな〜
カラダって…

 


 

という、カラダの仕組みからの考察を踏まえまして✋

 

以下は、完全に私の主観を
お産レポいきます
(ようやく。笑)

 

 

 

そんな、見事なまでの「陣痛」というカラダが引き起こす仕組み。

 

もう、海の波のようで…
(きっと、こう感じる方は多いのでは…)

 

今回のお産、陣痛という、この1つ1つの波を。
1つとして同じ波はない、波を。

じっくり味わうことが出来たお産だったなぁと…

 

 

お産当日の、6月1日。
朝から、なんとなーく、お腹が定期的にじんわーり痛む。

予定日は6月3日。

その日は雨上がりで、お昼頃にお散歩がてら出かけた畑が、本当に美しくて…

 

 

畑は、命が溢れていました。

 

ちょっと手入れしたり、裸足で土の上を歩いたり、青じそなど収穫したり…

なんとなく、今夜かなぁって…
でも、期待しすぎるとなぁとか…笑

 

帰宅して、「あ、陣痛きたら、お風呂入れないぞ、髪の毛、洗っている余裕なんてないぞ。」と冷静になり、お風呂に入る。笑

 

その日の夕ご飯は、悠馬くんが作ってくれました。
その間も、定期的に痛みが続く。

でも、まだまだ、余裕がある。

 

痛みの間に、息子のズボンのゴムを直したり。
自宅でのお産だから、ちょっと、お部屋、片付けたり。笑

 

悠馬くんは、私のリクエストのパスタを作ってくれていて、そこに入れるバジルを採りに畑へ。

畑が美しかったよって
昼間、私も同じこと思ったなぁって…

なんとなく、その感覚が一緒だったことが、その時、嬉しかったです。

 

 

 

自宅お産、何がありがたいって、移動しなくていいから。病院や助産院に。

その準備も要らないし、いつ行こう!?なんてドキドキもない。

5歳と2歳の人もいると、荷物もあれこれ必要かなぁとかなるよね。お産、どんな長さになるんだか、わからないし。

 

自宅だから、それがない。笑

いつも通り、ご飯をたべて。
いつも通り、お風呂に入って。

 

 

ただ、定期的に痛みは続いていて

いつ、助産師さんに来てもらおう?っていうのだけ。

 

 

今回、助産院でのお産を選択していました。

自宅でのお産でも、助産院でのお産と同様、3人の助産師さんが来てくださると。

そして、悠馬くんが「好きな場所で産んでいいよ。産後のご飯とか問題ないし。」と言ってくれて。

 

ありがたいことに、私の経過も順調で…

そしてそして、予定日あたりに、助産院での他の方のお産が重ならない、というタイミングも重なり。

 

自宅お産という選択が可能となりました。

 

 

 

定期的に痛みが持続していき、20時頃、助産師さんたちに自宅に来て頂きました。

 

でも、このときも、まだまだ余裕あり。
うん、こんなもんじゃないよね。
産まれるエネルギーって。

 

 

まだまだかな?
という空気もあり…

子どもたちは、いつも通りの20時に、悠馬くんが寝かしつけに。

 

 

陣痛の波はまだまだ序章といった具合。もちろん、痛いことは痛い。でも、痛みと痛みの間でまだ会話ができる。

 

波がくるたびに、助産師さんたちの暖かい手が差し伸べられる。しかも3人!悠馬くんの手も握る。なんとまぁ手厚い介助だろう…

 

 

その隙間で、悠馬くんが珈琲や、お茶や、チャイを淹れてくれていた。このおもてなし力。冷静さ。さすがっす。笑

 

そんないつも通りの彼の行動に、なんだかホッとして安心する。

 

 

陣痛は座位が私は一番楽な姿勢だったので、その姿勢で1つ1つの波を乗り越えていました。

 

波は色々あって。
あ、今の小波。
おぉ、ちょっと大波でしたね…みたいな。

 

まだ解説できるほどの余裕もある。でも、なんとなく、ウンチが出そうで仕方がない感覚。こんなにたくさんの方の前で、うんちは出したくない…と、ここも冷静。笑

波乗りの合間をぬって、トイレに行くも、出ない。そういえば、今日は朝からモリモリ出た。(というか妊娠中、ずっと快便でした。)

 

助産師さんにお伝えすると、「赤ちゃんが降りて来ているってことだよ〜!」と。ほぉ…

私はてっきり、あ、今日、スイカ食べちゃったからだ。って思っていました。スイカって、便、出やすくなりません?え、どうでもいいですか?これ。

 

 

22時くらいかな、波と波の間隔が段々と短くなってくる。波も大波が増える。

おぉ、また来る?
あれ、また!?

ちょ、大波続きますね
おや、また来ますね

…みたいな。

 

 

この辺りから、まだまだお産、長引くかもなのに、周りの方々に付き合わせ申し訳ないぜ… みたいな気持ちを、一切感じる余裕がなくなってきて。

波と波の間も、少しでも体力温存しておきたくて、話す余裕もなくなってくる。

 

 

 

 

陣痛って、すごいなぁって…
今、こうして振り返ると、改めて思います。

そうやって、すさまじいエネルギーで
ただただ、産まれてくる命だけに向き合わせるように

それ以外を考える余力なんて、これっぽちもない。

こんなにも、我が子に、我が子だけに集中することって、人生できっと、この時だけだと思う。

 

 

 

連続する波は続き、23時過ぎ頃かな。「パシャン」と。
あ、破水したってすぐにわかりました。

 

そこからは、あまり記憶がないのですが

とにかく、大波の連続。

 

 

3人目だし、健康のことあれこれやっているし
陣痛を味わいたいって思っていたし
自宅でのお産を選んだのに…

なるようにしかならない!とか言っていたくせに…。へなちょこ私。

弱気な気持ちも、それはそれは頭の中にてんこもり。笑

も〜、出しちゃえ!って。この辺りから「やだ〜」とか「痛い〜」とか、好き勝手、言っていたような気がします…^^;

 

 

でも、弱気な発言とは裏腹に、陣痛という波は次から次へとやって来る。

 

 

 

そして、忘れもしない、ラスト3波。

超特大がきた。

 

 

特大が来る前は、あり得ないくらいの静けさだったなぁ…
まさに、嵐の前の静けさ。

 

 

もう、その波の大きさに、座位では耐えられなくて。

膝立ちのようになっていたと思います。(2人目お産と同じ体勢。)

 

イメージは、ばばば〜!!って、強いエネルギーが、骨盤、膣に向かって、稲妻のように駆け抜けていくような感じ。声も、今までとは違う、肚の底から出る。

 

 

その大波中、後で岸本助産師さんが話してくれたのですが、筒のように、自然と腰を、産みやすい体勢に動かしていたよ、って…

 

 

 

 

吉村先生の著書にこんな言葉がありました。

「女性は本能でお産の仕方を知っています。いいお産をするために一番いい姿勢、一番いい呼吸など、一番いいものは何かをそのとき、そのときに自然にすることができる。」

読んだ時は、ピンと来なかった。

 

でも、きっと、どの人にも、「お産」という、頭ではコントロールしようがない世界に入ったとき。

命が産まれるとき。

 

自分の本能が剥き出しになるのだと思う。

 

 

私も、何も意識していない。
勝手に、カラダがやっていた。

 

 

こんな、ありきたりな言葉でしか表現できないのですが…
カラダって本当にね、すごいよね。
それを耐え抜く女もすごい。受け止める男もすごい。

 

 

 

 

その3つの大波の後。

頭が出て、一気に、つるんと出てきてくれました。

 

 

 

 

もう、この瞬間は、何も代え難い。
あの、出る瞬間。

そして、産み落とされた我が子を、胸に抱く瞬間。

これを味わうために、あの波がある、といってもいいくらい…

 

もう、言葉にできない時間。

 

 

命ってなんて、力強いんだろうね。

 

 

 

 

 

 

5歳の長女、2歳の息子も、破水した辺りに起こして、しっかり、立ち会ってくれました。

 

悠馬くんは、いつも通り冷静で。本当に心強かった。彼がいれば大丈夫、その安心感の中で過ごすことができました。

 

彼の感想、スムーズなお産に見えたみたい。
確かに、3人目、一番スムーズでした。

 

今までの生活も、一番、胸を張れるものだった。

そして、何より、自宅という環境。

 

助産師さんたちが、そうして、私たちの日常に、すっと入ってきてくださった。

家族のお産、という世界を作ってくれました。

(引っ越してきて、右も左もわからないときに、こうして岸本助産院さんとのご縁に恵まれて…本当にありがとうございます。)

 

 

 

 

毎日の生活の中で、あの時、今までお腹の中にいたのが。

あの時間を堺に、ただ、外に出て来ただけ…

 

 

 

 

そして、また、次の日が始まっていく…

 

 

 

 

産後の経過も、それはそれは順調です。

お産自体も、結果的には短時間だったのかなって。そして体力使った〜!って感じもなく…

そして今回、会陰が裂けなかったのです。
いや、裂けたらいけない、とかではないのですが。
上2人のお産の時。ちょっと裂けちゃったのでね。産後、裂けないと、こんなにも違うなんて…って、単に感動。

 

お世話になりました、岸本助産師さん♡
助産院での健診は、本当に心がホッとする時間でした♡

 

 

 

産後の出血も今回が一番少ない。

おっぱい事情もとても順調。
布おむつも、楽しくできちゃっている。
(この辺りは、また、改めて記事にできたら。)

 

 

大変なことは…
上2人の子どもたちの対応かな…笑

 

 

 

 

そして自宅でのお産、一番の問題は食事かなぁと…
もう、これは本当にありがたいことに
私なんぞより食に詳しく、料理上手な旦那さまがいるからこそ。

 

お仕事も、お産に合わせて、セーブしてくれて

3食、すべて作ってくれています。
(内容とかは、すべて彼のインスタで紹介されています。産後だからって、今までと変わりませんが。)

 

 

 

そして、自宅お産、産まれた我が子の24時間すべてを、悠馬くんにも感じてもらえ、共有できて。

これも、本当にありがたいなぁと…

 

とても可愛いみたいで、彼と次女が2人で過ごす姿は、私がほっこりします。

 

長女と息子も、妹の誕生、嬉しいみたいで、くっつきまくっています。笑

そんな姿にも、ほっこり。
(愛情表現が激し過ぎて、目も離せませんが。笑)

 

 

 

家族みんなでのお産だったなぁって
改めて…

 

 

 

 

 

こんなお産ができたこと。
私はそれだけで幸せです。

 

 

 


 

 

自宅お産とか、自然なお産とか

そういったキーワードでお産レポを書くことで
色々な感情を抱かれた方もいるかもしれません。

 

今は、色々な出産の方法があります。

 

でも、だからこそ、選ぶこともできる時代だと思っています。

そして、その方がどんな選択をされても。何がいいとか、よくないとか、そんなことを言いたいとかではありません。

 

 

ただ、私自身、お薬に頼らない子育てを応援したいという想いを持ち、今の活動をしています。

 

それって、お産も同じだと思うのです。

 

医療介入がいけないとかでもない。
そのおかげで、救われている命がある。

 

 

 

でも、本来、お産って、生活の一部だったのかなって…

 

そんなこと、私、1人目の時はね。
感じる余裕も、自分への責任の想いもなかった。

 

 

 

 

私自身の人生も、正直、常識から外れているのかなって…
離婚して、再婚して、こうして出産して…

でも、そのつど、真剣に1つ1つに事に向き合ってきた、向き合っているつもりです。真剣だからね。すべてにおいて。悠馬さん。笑

 

そんな中での、命の誕生。

 

色々ありましたが。
そして、色々ありますが…

 

お産という、こんな経験を、3回もさせてもらって。本当にありがたいなって…

女として生まれたことが、本当に嬉しいです。

 

 

 

これからお産される方の目にとまりましたら…
1つの事例として、参考になりましたら^^

 

 

 

レポなのか、なんなのか、よくわからなくなりましたが。そして、長文となりましたが。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

 

藤原 悦子自然療法スクール&サロン、
お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。2013年、長女の出産をきっかけに、薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を愛知を中心に開催。(のべ1500名以上の方にご受講いただく。)西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。二児の母。(現在第三子妊娠中)

藤原 悦子ブログEtsuko's Blog

お薬に頼らない子育てを
目指すママへ

藤原 悦子お薬に頼らない子育てを応援
自然療法スクール

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。長女の出産をきっかけに薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を開催。西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。3児の母。