セミナーへご参加頂く皆様へ

いよいよこの土日は東京セミナーです。今回も沢山のお申し込みを頂き大変嬉しく思っています。期待に応えるべく、セミナー前のテキストチェックと新情報盛り込みのリサーチに熱が入りました。全体的により完成度と面白みが増したと思います。

セミナーへご参加頂く皆様へ、本日は注意事項をアナウンスさせて頂きます。

1. 空調と衣類について

いつも暑くないですか?寒くないですか?とセミナー中にお聞きしていますが、かなりエアコンを寒がる方もおられます。その際は温度を上げていたのですが、暖かくなると頭がぼーっとして眠たくなる方もおられると思います。

ですので、比較的涼しい温度設定にさせて頂くことにしました。エアコンの苦手な方は、羽織るものを持参してください。またエアコンの当たりにくい席をお選びいただけると助かります。

冬は逆に、暖か過ぎない温度にしますので、こちらも上着で調節して頂きたいです。

1クラス2時間だけなら大した問題ではないのですが、3クラス6時間を2日間となると快適に過ごせるかどうかが、集中力に大きく影響しますので、事前にアナウンスさせて頂くことにしました。

2. 食事やおやつの持ち込みについて

基本的に、飲食可能な会場を選ぶようにしています。現在募集中の会場はどこも飲食物の持ち込みが可能です。そうでない場合はお申し込みのリターンメールに記載しております。

講義中に、プシュッと炭酸水のボトルを開けて頂いても、黒糖を齧って頂いても、僕は全然気にしません。頭使うと糖が欲しくなるのは当然ですから、各自ご自由にお腹が空いたら/喉が乾けば講義中でも飲食してください。煎餅とか大きな音で齧られると少し困るかもしれませんが(笑)

昼にがっつり食べるよりも、控えめにして甘い飲み物でも飲みながらの方が、眠くならずに集中できると思います。

ゴミは各自必ずお持ち帰り頂くようご協力お願いいたします。

3. キャンセルポリシーとテキストについて

詳しくはリターンメールに記載しておりますが、3日前より50%のキャンセル料を頂いております。

お振込が1週間ないと自動的にキャンセルにさせて頂いてますが、キャンセルの場合は礼儀として一応ご連絡頂きたいなぁ、、、と思ってます。またお振込なしで当日来られてもテキストがご用意できませんので、お互い困ってしまいます。

また東京遠征時などは前日から家を出ますので、それ以降のお申し込みだとカラー印刷が出来ずに白黒でテキストをお渡しする事になりますのでご了承ください。

4. 終わりの時間について

1講義2時間ですが、糖質クラス3、脂質クラス3など情報量が多く難しい講義は、どうしてもちょっと延長したくなります(^_^;)

できれば、お帰りの時間に10〜15分余裕を持っておいて頂けると助かります。

もちろん時間通りに終わるように努力して進行はしているのですが、大学で学ぶような事をベースにさらに発展させた内容を、2時間にコンパクトにまとめるという土台が無謀な挑戦をしておりますので、ご理解いただければ幸いですm(_ _)m

 

では東京、名古屋、大阪で皆様とお会いできるのを楽しみにしております。灼熱の京田辺より、明日の東京は涼しいのでしょうか。

 

セミナー情報は悦子メルマガでもお届けしてますので、SNSやブログを常時チェックされない方はこちらもご利用ください。

メルマガ、発行しています
https://honoiro.com/etsuko/e-mail-magazine/

藤原 悠馬生化学講師、
EMFA1級電磁波測定士、整体師

「症状と食事を読み解く生化学セミナー」主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない俯瞰力と圧倒的なリサーチ力、分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。MCサビアンシンボルは乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。知識の中に留まる事なく実践と行動から現実と知識に架け橋を作り続ける。

藤原 悠馬ブログYuma's Blog

健康を知ること
= 自然の法則を知ること

藤原 悠馬生化学講師、
EMFA1級電磁波測定士、整体師

「症状と食事を読み解く生化学セミナー」主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない俯瞰力と圧倒的なリサーチ力、分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。MCサビアンシンボルは乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。知識の中に留まる事なく実践と行動から現実と知識に架け橋を作り続ける。