【補足記事】怒りを悪と決めつけないで 〜感情の善悪論こそ根源的な問題〜

「怒り」を悪と決めつけないで 〜感情の善悪論こそ根源的な問題〜

 

補足の記事を書きます。

 

この記事を書く動機となった本人からメッセージが来ました。

 

これについて僕の意見を皆さんにも伝えたいので
ここで共有させて頂きます。

 

悠馬くんがいつも深く深く考えているのはよくわかってた。
けど、ブログ紹介した時に、「難しいし、怒られているようだった」って感想もらって、
私の身勝手な感情を精査せずに悠馬くんに伝えてしまって傷つけたんだね。
ごめんなさい。今までたくさんの愛をありがとう😊
恩を浅はかな一般論で返してごめんなさい。

 

「ごめんなさい」と書いてありますが、
おそらく大した反省などしていないでしょう。

 

その根拠を書いていきます。

 

彼女は僕のことを「実際に会うのと全然違う」と言います。

 

つまり実際に会ってみれば
人当たりは柔らかい方ですよ。おそらく。

 

思ったより気さくで、接しやすいと多くの人が思うはずです。

 

もちろん、アンケートに「恐かった」なんて書く人はいないので(笑)
そう思っている人がいたかもしれませんが。

 

長々と書き綴った通りですが、
世の中に怒りを撒き散らしたくて文章を綴っているのでは無いです。
そもそも、怒りがこの仕事の動機では無い。

 

セミナー中の自分はもちろん素の自分であり、
怒っていたことなど一度も無い。

 

怒る気も起こらない。
目の前の受講者さん達にいかに伝えるか、
現場ではそれしか考える余裕がない。

 

しかし過去に1件だけ、
アンケートに「怒らないでください」と書かれた事があります。

 

その人は、カリスマ的な人気を持っているホメオパスでした。
世のお母ちゃん達に絶大な支持を得ている人間です。

 

しかし同じ空間にいた、ごく一般の方にはアンケートに
「気さくに何でも答えて頂きありがとうございました!」
とご感想を頂いている。

 

そのホメオパス、「自称・治療家」は
なぜ、怒られていると思ったのか。

 

それは今まで「砂糖で子供がキレる」とか、
そのほか真っ当な理屈をもとには成立しない食事指導を、
自分の生徒であるお母ちゃん達に伝え続けてきたから。

 

しかし本当の事が気になるので
わざわざ新幹線に乗り、2日間を費やし、
僕のセミナーを全クラス受講したのだろう。

 

にも関わらず、
セミナー後にFBでまた
「子供が砂糖でキレるのは明白」
のような発言を平気で世に投げる。

 

理論について、
この治療家はひとつも僕に質問する事はない。
おそらく、何も理解出来なかったんだろう。

 

ホメオパスといっても、元看護師。
土台が無い訳では無いだろう。
少しは立ち止まって考えてみても良いはずだろう。

 

しかし、自分の立場を守る事が優先になる。
今まで自信たっぷりに伝えてきた自らの間違いを訂正する恐ろしさ。
プライドが折れ、信用を失うかもしれない、恐ろしさ。

 

それに負けることになる。

 

本当に残念なことに彼女は

「ネイチャー誌、サイエンス誌の9割は嘘」 ノーベル賞の本庶佑氏は説く、常識を疑う大切さを

 

本庶佑氏の
「自分で基礎研究に励んでください(科学の道を自分で邁進してください)」
という意味であろう発言を

 

「論文と科学なんてぜんぶウソ!私は自分の臨床を信じる!」
とニュースをシェアしつつ、
本庶佑氏の発言を180度捻じ曲げ、愚言を吐いた。

 

あまりに倫理を逸脱しているので
僕は初めて忠告を入れたが
このホメオパスは激怒するのみだった。

 

このホメオパスはアンケートに、

 

「怒らないでほしいと、お昼ご飯を一緒に食べた皆も言っていた。」

 

という書き方をしている。

 

FBに昼休みの様子をアップしていたので知っているが
その皆とは、彼女と同じく間違いだらけの発信をしてきたであろう
「自称・治療家」だった。

 

本当にその仲間が言っていたのかどうかは分からないが、
どちらでもいい。

 

僕が問題だと思うのは
「なぜ、他人がそれを言ったと僕に伝えるのか」
「なぜ、自分の意見として僕に伝えないのか」
と言う事です。

 

「怒らないで」と思ったのは、間違いなく本人です。
他人がそう言っていたというのは、
いかにも日本人女子的だが、卑怯という他ないでしょう。

 

アンケートではなくフェイスブックでも、
ある受講者さんに「講師の怒りのエネルギーが凄かった」と
一度だけ書かれていたのを見た事があります。

 

その本人は、動物性脂肪を悪いと伝えている、
ベジタリアン的思想を持つ人間でした。

 

理系で大学を出ているらしく、プライドもあったのでしょう。

 

当時の脂質のクラスでは
1週間何でも質問を受け付けるというサービスをしていて
彼女には専門用語も通じたので、細かく何でも質問に答えました。

 

しかし礼の一つも無かったです。
こちらは質疑応答に相当時間をかけたのに。

 

その彼女は、フェイスブックでその後、
自宅に多量にストックしていた菜種油を譲りますと
投稿していました。

 

理屈は分かったのでしょうが、あまりに態度が酷い。

 

そして、今回の冒頭のメッセージをくれた彼女も、
本当に残念でならないけども、全く同じです。

 

この件の発端として、
ある別の高額セミナーを行うホメオパスが自信満々に
間違った情報を流していたのを僕が指摘したところ、
訂正の投稿もせずにしれっと削除していたので、
僕はその件についての問題提起をFBに投稿しました。

 

その間違い情報に、彼女は「いいね」をクリックしていた。
恥ずべき態度で投稿された間違った情報を
迂闊に鵜呑みにしていたという事です。
その繰り返しで、彼女は体調を崩すに至っている。

 

だから、自分の事を言われた気がして、
知人が「難しいし、怒られているようだった」と
言ったかどうかは知らないが、

 

「自分自身が」何より僕に「怒られているような気がしたから」、
自分がそう感じた事を、他人も言った事のように表現して、
僕にメッセージをこんな形で送ったんだろう。

 

その背景には、自身のプライドもあったろう。
元看護師、旦那は海外で活躍する学者。

 

本当にうんざりしますよ。
プライドが高く、保身に走る人間は、
全員が見事に同じパターンの行動に出る。

 

勝手に「怒っている」事にして、
その「怒っている様子が悪い」事にして、

 

自分が怒られているような気がしているものを、
他人が言った事にして、僕に伝える。

 

「砂糖で子供がキレる説」を伝えているホメオパスも
「あなたのブログを読んで産後鬱になった人を知っている」と
僕にコメントした。

 

だから何なんだ?(笑)
もしそれが本当だったとしても、
それは僕の責任では無いだろう。

 

ここに挙げた全員に共通することは、
卑怯で、自分を反省する事が一切出来ず、

 

本当の意味での他者への貢献の在り方が、
分からないという事です。

 

さて、このあたりで終わりにしますが、
これを読んでいる皆さんにも、ぜひ考えて頂きたい事があります。

 

なぜ、叱らない子育てが流行るのか。

 

また筆を改めてゆっくり書きたいところですが、

 

大人がこんなクソみたいな態度を取っていて
子供が言う事聞くと思いますか?

 

叱るなんて、時間の無駄になるでしょう。
大人が責任ある態度を取らない限り、
子供が自分の行動に責任を取ることなどありません。

 

いつか反面教師でという形なら有り得ますが。

 

 

一体誰を治療した実績があるのか不明な、自称治療家や、
それを目指す人間には本当にまともな人が少ないと
非常に残念ながら思わざるを得ません。

 

症状は自分の(親の)結果という認識が、症状克服への第一歩。

改心したければ、この記事の「症状」を
「歪んだプライド」と「卑怯な心」に置き換えて読むと良いでしょう。

 

20年ステロイド塗布のアトピーと同じく、
治癒には相当時間が掛かるのかも知れませんが。

 

ちなみに代替療法師バニラ氏にも
全く同じ行動を取られる事になりました。
2年と少し前に。
こんな補足記事にまとめて済ます事では無いので、
また筆を改めます。

 

まあ、この健康に関わる業界内で、
他人の健康を真剣に考えられない人間のする事は、
全員同じです。見事に同じパターンで行動します。

 

誰も彼もが、表面的に、浅はかに、
「善なる自分」を作り上げる。

 

地曳直子さんの「オメガ3を摂ると体内で過酸化脂質になる?」への回答

いま、僕の尖った発言に疑問を投げかける人間の中で、
この記事に対しては絶賛した人間は数多くいる。
吉冨信長氏への批判もそう。

 

吉冨氏への批判は、
バニラ氏に「私をタグ付けして」と「頼まれて」
フェイスブックへは彼女をタグ付け投稿している。

 

それで「他人の批判など興味がない」と堂々と発言する矛盾。
さらには側近にいる長年のスタッフから、
その際に「バニラさんをタグ付けするのは如何かと思った」と僕は言われている。
その理由は「バニラさんに争いのイメージが付くのは問題だと思った」と。
なんという皮肉。

 

ほとんどの「世の中の為」と公言して活動する人間は、
ほぼ全員自分の立場を守ることしか考えていない。
特にSNSでビジネスをする連中に顕著です。

 

もう誰も信用に値しないと分かったので、
まずはSNSから距離を取りました。

 

かなり本音で書かせて頂きましたが、
「ここまで言わないと分からない人」が
今の世の中には激増しているんですよ。

 

結果の出ない不毛な事をする性分では無いので、
こういう態度で文章を書いてます。

藤原 悠馬生化学講師、占星術講師、EMFA1級電磁波測定士。

「症状の原因を根本から読み解く エネルギー代謝学」セミナー主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない圧倒的な俯瞰力と分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、薬剤師、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。2019年より「生化学講師が教える 占星術の基本の考え方とホロスコープチャートの読み方講座」を始動。IC魚座29度「プリズム」/MC乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。全ての生命の普遍的な創造原理を、文献や生活の全てから抽出し、具体化するのが生業。

藤原 悠馬ブログYuma's Blog

健康を知ること
= 自然の法則を知ること

藤原 悠馬生化学講師、占星術講師、EMFA1級電磁波測定士。

「症状の原因を根本から読み解く エネルギー代謝学」セミナー主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない圧倒的な俯瞰力と分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、薬剤師、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。2019年より「生化学講師が教える 占星術の基本の考え方とホロスコープチャートの読み方講座」を始動。IC魚座29度「プリズム」/MC乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。全ての生命の普遍的な創造原理を、文献や生活の全てから抽出し、具体化するのが生業。