風邪の症状に向き合ってみる。

11月です。
寒くなってきました。

風邪について書いてみたいと思います。

 

 

風邪による、身体の症状は

これこそ、まさに
身体の免疫システム発動の結果。

以上です。笑

え?笑

 

 

私のブログを見てくださっている方は
そうだよね、ってうなずいてくださる方が
多いのでは~^^

 

ただ、そこで終わっちゃ~
もったいない!(何が?笑)

 

 

「風邪」という症状が起きたときに
今の自分の免疫力、体の状態が
なんとなくわかるのかな、

そんなことを思っています。

 

ここが今回のブログでお伝えしたいことのうちの、ひとつ目。

 

 

 

そして、二つ目は。

確かに、免疫が発動した結果が、症状です。
症状=素晴らしい、とも言えるのかもしれません。

 

自然派系の本だとそのように書いてあると思いますし、私もそう強く思っていたときもありました。

 

 

ただ、現代人は

そんな単純な体の話ではなくなっているのかもしれません。

 

 

ということで、この2点について
今回はブログを書いてみたいと思います。

 


 

症状が出た時に、自分の免疫力がわかるのでは?というところ。

 

症状が出た時に
どんな風に、どれくらいの期間
その症状が出続けるのか

これは大きな指標だと思っています。

 

 

 

特に、発熱、という急性期的な症状。

これがどんな具合に出るのか。
一晩でぱっと高熱(39度くらい)が出て終わるのか。

はたまた38度くらいを1週間出し続けるのか。

 

一般的には(この表現も曖昧ですが)
子どもの風邪は3~4日くらいで解熱していきます。

 

長引くほど、体内のごみ掃除に
時間がかかっている可能性があるのかな、と…

 

 

それゆえに、炎症が長引くことで

体内で細菌感染に侵されやすい、侵入しやすい部分に、火種がうつっていく可能性があります。

 

そうした結果が
中耳炎とか、尿路感染とか、

もう少し大きな疾患になると

入院を必要とする肺炎、腸重積、尿路感染症、脳症、といったものになると考えています。

 

 

 

 

「うちの子、全く熱を出さなくて…」というご質問も
よくいただきます。

年齢と、普段の生活と
その子、そしてお母さんとお会いしないと
一概にその返信はできないところですが…

 

これも、単に熱が出ない=免疫力が高い
とも言い切れないなぁと思っています。

 

 

 

 

反対に、あまりに高熱や症状が出すぎるパターンもあり…

風邪、という炎症のきっかけから
体内で大火事になるパターンの子も
実際に現場では存在しているなぁと…
(上記したように)

 

こういったときは命に関わります。

 

 


 

 

 

まとめますと。
子どもも、大人も
熱が出た時に、どんな経過をたどるか。

■39度くらいまで出てぱっと終わるか
■38度くらいの熱をupダウンはしながらも1週間とか出続けるのか
■高熱すぎてしまうのか
■症状が全くでないか

こんな具合かな?
ここから、普段の状況と照らし合わせ
現在のその子の体の状況を
考える指標になるのかな、と。

 

 

 

そして、そういった症状の違いは
いつも記事にしていますが
結局のところ

■体内のゴミはどれくらい溜まっている?
■戦う力ある?
■戦った後、ほどよく鎮静するエネルギーある?

 

こういったところが関係してくると思っています。
ここが、その方の免疫力を左右するところだと。

 

 

 

 

 

 


そして炎症という症状が強く出る理由として

関係しているかな、と思うものが
エンドトキシンという
グラム陰性菌がもっている内毒素のことです。

 

こちらは過去に記事にもしています。
熱性けいれんと腸の関係

 

エンドトキシンって
内毒素やLPSとも言われています。

 

エンドトキシンの影響を
非常に受けやすくなっているのが
現代人には増えてしまったのかもしれません。

 

■腸内細菌が増えてしまっている
■腸の環境がよくない
■腸の侵入経路が入りやすい状態にある

 

これらが主な原因。
で、どうしてそうなってしまったのかってところが

■多価不飽和脂肪酸が多い食生活
■エストロゲン
■農薬や添加物の多い食生活

こういったところ。

 

 

 

 

 

 

この辺りの詳細は悠馬くんの生化学セミナー、糖質クラス1でぜひ。(次回は11月に東京で開催されます)

※岡崎で開催されます生化学セミナー脂質クラス2後の質問タイムの中で、アップデートされた糖質クラス1のところを解説してもらおうと思っています。こちらについての詳細はまた改めまして。

 

糖質クラス1「 消化吸収とリーキーガット症候群」 〜エネルギー代謝と腸内細菌を絡めた消化吸収の全貌〜

 

 

 

 


 

やっぱり病院ってありがたい存在で

 

でもでも
安易に病院!ってわけではなくて。

身体が、なぜ、そんな状態になっているか。

そこを明確にしたい。

 

 

そして、その子にとっての
本当の主治医は
親しかないと思っています。

 

 

とはいいながら。
わたし、3人産んでいますが
いまだに未熟だなぁ
みえてないなぁって

反省して。
右往左往する日々です^^;

 

 

 

でも。

■体の仕組み
■熱の出る仕組み
■症状とは
■炎症とは

ここのベースを少し知っているだけで

子どもの症状を通してみえる世界が
明らかに看護師時代より広がっています^^

 

 

そこを踏まえての。
自然療法やお手当
病院の治療、お薬、というチョイスだと
いいな~って思うのです^^

 

 

そして
その症状がなぜ起きているのかということが
明確になることで母の不安が減る。

その心もちが
我が子への何よりのお薬だと思っています^^

 

免疫力の高い子に育てる~風邪や熱の仕組み、お手当講座

11月12日(月)大阪枚方市 ►詳細
12月28日(金)愛知岡崎市 ►詳細
12月29日(土)愛知長久手市 ※満席です

 

 

 

 

 

藤原 悦子自然療法スクール&サロン、
お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。2013年、長女の出産をきっかけに、薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を愛知を中心に開催。(のべ1500名以上の方にご受講いただく。)西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。二児の母。(現在第三子妊娠中)

藤原 悦子ブログEtsuko's Blog

お薬に頼らない子育てを
目指すママへ

藤原 悦子お薬に頼らない子育てを応援
自然療法スクール

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。長女の出産をきっかけに薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を開催。西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。3児の母。