私とホロスコープの関わり方

 

ホロスコープセミナーをhonoiroで主催しました。

 

ご参加いただいた皆様
ご興味お持ちただいた皆様
京都までお越しいただきました講師のあやかさん
ありがとうございました^^

 


 

今でこそ、ホロスコープって
メジャーになっているかもですが
(え、全く知らないし、興味ないよって方、ごめんなさい。笑。)

そんな私も
悠馬くんといなかったら。
ホロスコープの世界に
興味を持つことなく
生きていたと思います。

 

 

正直、私は
ホロスコープに限らず…
何に対しても
深く追求する、という意識が弱いと思っています。

 

ホロスコープも然り。

 

 

ただ、自分のことを理解する
パートナーや子どものことを
理解しようとするとき。

(理解っていうと、心ないように聞こえるかもですが…。相手を知ろうと思う事って大切なことですよね。)

 

 

 

その時に、少しだけでも
ホロスコープの知識があると
きっと、何かが違ってくる。

そんなことは感じています。

(ようやくです。そもそも、他者に興味がなさすぎて…。そこが問題の私ですが^^;)

 

 

 

それと同時に
目の前の人をみないで
ホロスコープから相手を見ることは
そもそもが、おかしいとは思います。

 

 

これは、医療者が患者さんをみずに
検査データばかり見ると同じことかな、と。

 

 

 

ということで、
そんな私による
少しだけの知識で。笑

 

講座で学ばせていただいたことを含めて

 

私のホロスコープを通して
解説してみたいと思います^^

 

ご興味あります方のみで♡笑

 

 

 


 

まず、ホロスコープで大切な要素が以下かな、と。

■太陽星座
■月星座
■アセンダント

以上3つ。

 

 

 

アセンダントが、自分の本質的な性格
これを知っているか否かで
自分自身の理解が大きく違ってくると思っています。
(相手のことも。)

 

 

 

いわゆる、一般的な「私は〇〇座」というのは
太陽星座のことを表現しています。

 

 

 

私は2月13日生まれなので
太陽星座は水瓶座となります。

 

太陽星座はもちろん重要。

 

 

この性質で、私は人生を切り開いていく。
私だったら水瓶座、という性質で人生を切り開いていく。

 

 

 

 

でも、その時の「私」というものの本質
アセンダントの星座

 

 

 

 

 

ちなみにアセンダントとは、生まれた瞬間の東の地平線のこと。

 

アセンダントについて詳しくしりたい方は…
悠馬君のこちらのブログを!(丸投げ。笑)

ハウスとアセンダントの理解は重要【占星術ブログ④】

 

ちなみに、私のアセンダントは「乙女座」です。

 

 

アセンダントを知るためには

■生年月日
■生まれた時刻
■生まれた場所

以上の要素がないとわかりません。
4分ごとに変わるみたいです。ひょえ~

 

ぜひ、ご自分や大切な方のアセンダント
検索されてみては^^
こちらのサイトから検索できます。

 

こういったのが出ます。ご自身の。

 

 

 

 

で、もう一つの重要な要素が、月星座。

月星座というのは、自分が生まれたときに月があった場所のこと。

 

私の月星座は水瓶座です。
(つまり新月生まれ)

 

 

 

月星座は、太陽という目的を生きるためのエネルギー確保

どんな時にリラックスできますか?
みたいなのが
、月星座。

 

 

月は「休息のための欲求」「これから独り立ちするための足場」であったり

幼少期に育まれる「感情的な安心感」を表すようです。

 

 

でも、ここで
「月を大事に」「本来の自分は月」
そんな風に思ってしまうことで

 

休んでばっかりとか
子どもに必要な母性のようなものを

 

いつまでも求めてしまうのかなぁと…

 

 

それが許されるのは子どもだけかな、と…
(もしくは、それで生きていける環境な方ならば?笑)

 

でも、だからこそ
子どもは「ありのまま」すぎるのも
どうなのかな?とも…

 

月のままでいては、ね。
そこから、成長していかなくては。
(次の水星、金星、太陽に向かって。)

 

そこで親の役割はなんだろう…って考える日々です。

うしし♡

 

 

 

 

 

ということで、整理しますと

アセンダント乙女座という私が
太陽星座の水瓶座という意志(目的)をもって生きる。
そのためのエネルギー確保が、月星座の水瓶座。

 

で、それ以外にも

水星のやぎ座さんや
金星のうお座さん
火星のうお座さんも
私というものに関わっていて
(私は魚座が案外と多いみたいです。というか、後半の星座ばっかりや。笑)

 

 

 

 

 

でも、これらも、あくまでも
太陽星座(水瓶)による目的達成のためのサポート役

 

特に、水星、金星、火星はかなり強めのサポート役。
月に次ぐ。

 

 

で、木星のいて座土星のさそり座も絡んで

私というものを形成している。

 

 

 


 

うわ~!!!
すでに要素いっぱい登場!!笑

 

でも、これにとどまらず、更に色々な要素が絡んでくるホロスコープという世界。

 

もう一つ、この視点はぜひとも持っていた方がよいよね、っていのうが【ハウス】というもの。

 

例えば、私の「太陽星座、水瓶座」というものが、1~12あるハウスというお部屋の中の、どこにいますか?というものも、ちょっと重要な要素。

 

 

 

 

 

上の、私のホロスコープです。

太陽星座とか、月星座が5、6ハウスにあります。
(◎が太陽星座、☽が月星座)

 

同じ太陽星座水瓶座さんでも
1ハウスにあるのか、6ハウスにあるのか、で
これまた「太陽星座水瓶座」のカラーが変わってくるようです。

 

 

 

あと、ホロスコープの中で
左右や上下、どこに天体がたくさんあるか?でも
その人の傾向がわかるようです。
(画像はいずれも、悠馬くんのが作成したものです。)

 

 

 

 

 

 

…ややこしいですね!

って、それくらいややこしくないとね!!

そんな簡単に「人」というものを
区分されちゃ~
悲しいぜ~

って私は思ったりしました。笑

 

 

 


 

ということで
知識が薄い私による
ホロスコープ解説でした。笑

 

 

今までの私は、
ちょっとホロスコープをかじって

「私はこうゆうタイプだから、こうゆう考えや行動になるのは仕方ないよね~!」って正当化する理由に使っていたように思います。

 

 

これ、一番、危険な使い方…笑

 

 

ましてや子どもやパートナーさんに対して
こうやって枠組みしちゃったら
なおさら危険…

 

 

ホロスコープというものを通して。
といいますか、どんなものでも。

自分の得意なこと、不得意なことを知るツールになるのかなって。

 

私なら、あまりに相手を知ろうとしないし
深く追求しようとしないし
自分の意見を持ちにくい。

そういったホロスコープ(気質?)を持っています。

 

 

だからこそ。

そこを意識して
そこに挑戦していくことで

 

それって、当たり前に出来る人からしたら、当たり前すぎることなんですが。

 

 

私にとっては、そこは意識しないと
出来ないし、そもそも、しようとしないから。

 

 

そんな、自分にとって
「課題」を教えてくれるのかなって。

 

 

 

 

そうして、自分にとって
苦手と思っていることや

ちょっとがんばらなくちゃって思っていることに
挑戦していくことで

 

新たな自分に出会えると思っています。

今、悩んでいることに対しても
そこから何かの道が広がるかもしれない。

 

 

 

自分にとって得意なことも、
もちろん知ることで
もちろん、そこは生かしていくべきだと思います^^

 

でも、それもやっぱりバランスで

得意なこと、好きなことに
いき過ぎてしまうことで
それはそれで、問題が生まれるのかなって。

 

その結果が、パートナーとの関係や
子どものとの関係に出てくるのだと思っています。

 

 

何より、目の前の子たちをみなくちゃね。

 

 

 

 


 

 

ということで、私のホロスコープへの今の理解でした^^

これから少しずつ…
自分自身や家族の中で
理解を深めていけたらいいなぁ
そんなことを思っています^^

 

 

 

 

悠馬くんの、ホロスコープ解説のブログ。

ホロスコープをちょっと知り出してからだと、
なおさらホロスコープの理解にわかりやすいです。

ホロスコープチャートの出し方【占星術ブログ①】

 

 

 

悠馬くんのホロスコープセミナー後のブログです。

夜空の星に原因は求められない(占星術セミナーを終えて)

 

 

藤原 悦子自然療法スクール&サロン、
お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。2013年、長女の出産をきっかけに、薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を愛知を中心に開催。(のべ1500名以上の方にご受講いただく。)西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。二児の母。(現在第三子妊娠中)

藤原 悦子ブログEtsuko's Blog

お薬に頼らない子育てを
目指すママへ

藤原 悦子お薬に頼らない子育てを応援
自然療法スクール

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。長女の出産をきっかけに薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を開催。西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。3児の母。