おとんの台所帖(2020年3月第1週)

 

今週も、美味しいものを食べました。

晩ごはんは毎日の楽しみです。

3月1日(日)

ぶつ切りの鶏肉、えのき、白菜、玉ねぎなどをにんにくと塩ベースのスープにして、春雨を入れてヌードル風に。大人は豆板醤を添えました。

根菜の煮物。調味料程度の量の豚挽肉が入ってます。野菜だけでも美味しいし、肉を入れるとアミノ酸と脂肪分でメインディッシュにもなれるランクに上がります。家族の男性陣が野菜のおかずばかりだと不満というケースは、ほんの少しお肉を入れるだけで反応が変わるかと思います。

3月2日(月)

新田辺の絵の教室に通い出した6歳長女。構図や背景の使い方も大事にした絵の書き方を教えてくれるみたいで、保育園で書いてくる絵よりも凄く良い雰囲気だなと、僕と悦子は嬉しく思ってます。

 

これを機に、本格的に絵画への興味を持っていくかなぁと楽しみになってきた所なんですが、帰宅後、今まで「将来の夢はお嫁さん」と言っていた長女の夢が、聞いてみると変更されました。

 

「保育園の先生」らしいです。理由は「ピアノが上手だから」だとか、、、(笑)

 

この日は忙しかったし、しばらく豪華に食べていたので、麦ごはん、自家製梅干し、お味噌汁のみ。

食卓に土鍋とステンレス鍋が置かれると「カレー」というパターンの我が家なので、「今日はカレー?」とテンション高めに言った息子が蓋を開けた中身が味噌汁だと認識した時の、静まりかえり(笑)

晩ごはんは僕も家族みんなも楽しみにしている時間なので、つい色々と作ってしまうのですが、当たり前化してしまうと、これだけ食べられるありがたみを忘れてしまうので、たまには質素にしておかなければと思います。

3月3日(火)

あさりと豚バラの酒蒸し。豚バラは脂が多すぎるので普段買わないのですが、定期的に届く放牧豚のセットに入っていたので、50度洗いで余分な脂は落としつつ、ノンオイルで酒蒸しに。

根菜の味噌汁、出し殻の昆布と椎茸の佃煮、麦ごはん。

3月4日(水)

キャベツとジャコの和風サラダ。季節外れなんですけど、トマトが好きで使いました。

ドレッシングは、刻んだ白ネギと生姜、醤油と酢でノンオイル。海苔とかごまをうまく使うと、ドレッシングに油を使わなくても美味しくなります。

ぶつ切りの鶏肉、玉ねぎ、ブロッコリーを魚醤とにんにくでエスニックなスープに。

3月5日(木)

あかしたの味噌煮。刻んだ白ネギとおろし生姜を入れています。魚の臭みがなくなってパンチも出るのでお勧めです。

あかしたのアラでスープを取り、根菜、豆腐、小松菜のお吸い物に。魚のアラは非常に美味しい出汁が取れますので、捨てないようにしましょう。

切り身でない魚の調理を敬遠される方は最近多いと思いますが、この鱗取りがあると非常に早く下処理できます。持っておいた方が良い道具です。

3月6日(金)

鶏胸肉、牡蠣、きのこなどなどで、お鍋。

シンプルに昆布出汁と少しの塩だけで煮ましたがスープが美味すぎ。

醤油に鰹節とお酢を混ぜて即席でポン酢をつくって食べました。

にんにく、煮切り酒、自家製味噌のたれも用意。

具材を楽しんだ後に、春雨とニラを楽しみつつ、最後はとき卵と残りごはんで雑炊。

奈良の梅乃宿という蔵のお酒ですが、これも美味すぎました。

3月7日(土)

砂肝とゴボウのトマト煮。

しいたけ焼きのネギ味噌のっけ。

白菜の柚マリネ。塩蒸しにんじん。

キヌア入りごはんとバゲット(木津川の木色さんで購入)。

 

砂肝はたっぷりニンニクとトマトで煮込んだら、砂肝嫌いの長女もなんなくペロリでした。

椎茸は、午前中に畑で、貸主さんから頂いたとれたて原木もの。

軸を刻んでネギと炒めて豆味噌とみりんでまとめて、香りの良い椎茸と共に、、、最高っす。

3月8日(日)

ゴボウと骨付きぶつ切り鶏のカレー。

ごぼうとカレーも相性は◎です。

キャベツとにんじんのスパイシーで和風な蒸し物。

昨日の残りに白菜柚マリネ。

 

投稿サイクルを、月〜日に変えたかったので、日曜日まで投稿しました。

 

〜今週の雑感〜

メタトロンの最も優れた機能のひとつは、感情を率直な言葉で視覚化する事です。

先月までは、親切心、喜び、愛などが多く検出されていたのですが、

 

ここ最近は、「無関心」が常に上位に。

 

情熱をどこに向けて燃やしていくのか、考え続けています。

 

(※) これは「乱れやすい感情」のページですので、ベーシックな性格診断をするものでは無いです。

見解がまとまってきたら、ブログで解説しようと思います。

 

僕の中で、ブルーハーツ 、三宅洋平以来という感覚のバンド。

 

今から歌うのはそう 政治の歌じゃない
皮膚の下35度体温の流れる人
左も右もない1臆総迷子の一人称

*

想像してよ、東京
新しい暴力を 何でもって乗り越えよう
●●● the answer 理由はないけど
消えたくなる夜に 傘を閉じると雨が降る
東京

*

政治が言葉にしたとき一番最初に浮かんだフェイス
安部やトランプその他諸々のダーティフェイスでなく
花を見て笑う 好きな人の顔であるべきだから

 

こんくらい、スピリット燃やしまくって生きていく。

リセットするための、無関心。

 

〜メタトロン・カウンセリング〜

名古屋、キャンセルで1枠空きました。3/20の大阪もまだ2枠空いてます。

【メタトロン カウンセリング日程】3/10更新(大阪、名古屋、横浜、渋谷)

まだまだ勉強しながらってとこなんですけど、だんだん進化していると思います。

 

周波数から見える世界へ、ご興味があればお越しください。

藤原 悠馬生化学講師、占星術講師、EMFA1級電磁波測定士。

「症状の原因を根本から読み解く エネルギー代謝学」セミナー主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない圧倒的な俯瞰力と分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、薬剤師、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。2019年より「生化学講師が教える 占星術の基本の考え方とホロスコープチャートの読み方講座」を始動。IC魚座29度「プリズム」/MC乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。全ての生命の普遍的な創造原理を、文献や生活の全てから抽出し、具体化するのが生業。

藤原 悠馬ブログYuma's Blog

健康を知ること
= 自然の法則を知ること

藤原 悠馬生化学講師、占星術講師、EMFA1級電磁波測定士。

「症状の原因を根本から読み解く エネルギー代謝学」セミナー主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない圧倒的な俯瞰力と分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、薬剤師、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。2019年より「生化学講師が教える 占星術の基本の考え方とホロスコープチャートの読み方講座」を始動。IC魚座29度「プリズム」/MC乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。全ての生命の普遍的な創造原理を、文献や生活の全てから抽出し、具体化するのが生業。