畑ブログ②5月は夏野菜シーズン

畑ブログ始めました!
が、5月は畑は忙しく
更新が追いつきません。笑

と思っていると、5月が終わってしまう!

 

5月の夏野菜記録、さくっといきます♡笑
(←さくっとした記事じゃないかもですが^^;)

 

ちなみに、前回の畑ブログ①はこちらです。

畑ブログ①4月 越冬野菜と春野菜

 

 

4月中旬位から種を蒔いたものたち。

人参

人参は、芽が出るまでが勝負らしい。

出た~♡
でも、出ないところも多々~

芽が出ると、嬉しくて
間引きするときに、まだまだ後ろ髪ひかれますが

ここは気持ちを切り替えて。笑
間引きしていきます。
競合しちゃうようです。

 

 

 

小松菜

ポットで種を蒔いて、移植もしましたが
直接、畑に種を蒔いた方が
ぐんぐん、元気に育ってくれました。

が、こちらも
キャベツ同様、あおむしくんの餌に……
ネットかぶせていますが

春夏のアブラナ科はあおむしくんとの攻防戦。

 

小松菜は、アミエビと手作りふりかけにすると美味しい♡
畑の小松菜しっかりしていて、茹でてふりかけにしても存在感ばっちりです。笑

 

 

かぶ

かぶ、なっかなか発芽しない
発芽しても、美味しいのか、食べられる…
めっちゃ難しいっす。
一番発芽率悪く、難しいっす。

かぶ~

かぶ~

 

 

 

ターサイ(奥)
 

こちらも、ポットに種をまいて移植したのと、直播と。
どっちがどっちか、わからなくなっちゃいましたが。笑
これも、来年は、直播でいきます。

 

 

 

 

 

かぼちゃ

かぼちゃも、ポット蒔きしましたが
芽が出たり、出なかったり、イマイチ…

芽が出ても、ちょっと元気もなかったりして
畑をかしてくださっている方が
「生ごみから芽が出た元気な苗あるぞ~」と
わけてくれました。笑

来年は直播でいきます。

かぼちゃ、ば~って広がるので、畑でも
場所が難点。

って思っていましたら、畑の地主さんが、空いている場所も提供してくださりました;;
本当にありがたいです。

 

 

かぼちゃと混植として
トウモロコシ

こちらもなかなか、芽がでなくて。
種まきましたが。
苗を購入してきました。

と思ったら!

1か月くらい経過し、芽が出てきました。笑
あせっちゃいけないっすねぇ。

これも勉強。

 

 

 

トマト

トマトも種から挑戦しましたが(ポットで)

発芽するものの、大きくならなくて
収穫できないと、悲しいのでね
やっぱり。畑やるからには。

理想論だけじゃね。
気持ちが折れる~

 

ということで、苗購入。笑

悠馬さんが畑の地主さんの山で切らせていただいた竹を、支柱に。

トマトは植えてから、根が張るまで
風にゆられると根が張りにくくなる、とのことで
支柱としばりましたが
八の字でしばるのが、定番なのですね。
(写真はわっかで縛っています。)

ということで、その後、すべて、八の字にやり直しました^^;
なすやピーマンも。

 

そして、トマトって
茎の間から出てくるわき芽をカットして
定植していくと、そこからまた、増えていくと!

畑の地主さん情報。
(かぼちゃとは別の畑の地主さん。畑、2か所おかりしています)

►参照:わき芽とは

そして、わき芽から育った苗、余っているから~と
おすそ分けいただきました。

皆様に支えられております;;

トマトソース、たくさん作れたら嬉しいなぁ。

 

当たり前のことですが
根が張るまでって重要で
子育ても、まさにそうですよね
身体づくりも。

子育て、ようやく向き合うようになり。
子どもたちに。
というか、自分自身にか。

正直、大変です、私にとって^^;

でも今が大事な時なのだと思っています。
子育ての根っこ。

こちらの記事で、そんな子育てへの気持ちの変化、綴っています。

現代の子育てママにはうけないだろう記事だと思いますが^^;
簡単、楽ちん、そんなものないって思っています。
それらは対症療法と一緒かなって…

子育ての、この一年での、私の気持ちの変化

 

トマトの話に戻り。

トマトのわき芽をカットするとき
地主さん曰く「手でやってね」と。

はさみを使うと、はさみの鉄からトマトが病気に感染すると言われているからね、だそうです。

 

これ、おもしろいなぁと。

 

現代の症状の原因の根底は過酸化脂質ですが、特に過酸化脂質&鉄がセットになることが問題となります。

自然界でも同じですね。

 

今回の鉄だけでなく…

どの切り口からみても、辻褄が合うか。
人間だけでなく、動植物、すべて。

そこから、体のメカニズムを考える。
食べ物について考える。

悠馬さんの特に脂質クラスに出られた方は、これでもか!とそんな世界を体感されたと思います。笑

この視点が今のhonoiroが最も大切にしているところです。

 

 

 

 


畑に話を戻しまして

次は、苗購入シリーズ。
ゆくゆくは種からできるようになりたいところですが
少しずつ、少しずつ。

 

なす

 

ピーマン

 

 

きゅうり

 

 

 

おくら

 

 

つるむらさき(手前)

 

 

 

空心菜


 

 

モロヘイヤ

 

 

ズッキーニ

 

 

 

里芋と、生姜もうえました~

ただ、いずれも、まだ芽が出ず……
3週間くらい経過したかな。
あせらず、あせらず…

って心配性の私は、ドキドキですが。笑

 

 

 

 

夏野菜たちと相性のよいと言われているものを
混植してみたく。
混植(コンパニオンプランツ)とは?

つまり、お互いに成長を助け合ったり
害虫予防になったり、と
相性のよい植物を近くに植える方法みたいです。

落花生


トマトの脇に植えました。

 

 

インゲン(つるなし)

きゅうりのとなりに

 

 

大豆

春野菜(キャベツなど)の脇に種をまいたものが発芽してくれました~
発芽、嬉しくて、涙でました。笑

 

 

 

 


 

続きまして
収穫したものです^^

 

まずはにんにく


そろそろかな~?

わ~♡
にんにく、たくさん使う我が家
嬉しい、嬉しい~

越冬して、大きくなったニンニク。

で、どうやって保存するんだ?
干して、軒下につるすようです。
こちらを参照しました。
やってみます~

 

 

 

空豆、スナップエンドウ、絹さや、ネギ、レタス、小松菜、息子(3才)

あ、息子は豆の皮むき係。笑

今年はエンドウ、空豆たくさん食べれて
嬉しいです~^^

今は豆取りしています。来年の。
これはまた次の記事で~

 

 

玉ねぎ

こちらは、我が家ではなく
畑の地主さんによります、月イチの畑グループ活動にて。

この集まり、私たちの親、もしくはそれ以上の世代の方が多いのですが
皆さん、本当に元気。

食事のことや、子育てのこと
色々質問できて、学びが多いです。

 

 

 

 

 

長女が種を蒔いた、ひまわり。
この後、芽がでてきました~^^

彼女の畑の楽しみに。

 

収穫は嬉しいね~

 


 

 

畑は、本当に
ありがたい空間です。
子どもが過ごす場としても。

週末、公園とか行くよりも
はるかにいい。生産性もありますのでね。笑

 

そして、何より土に触れていると
心が落ち着く。

あの食材がいい、悪い、そんな情報に溢れている現代。

でも、こうして、野菜を育ててみると
知ったつもりで食べ物のこと
語っていたなぁと…

科学的な知識はもちろん、重要です。
「何を食べるかよりも気持ちが大事♡」
なんて思っていません。

それ以前の、もっと生き物としての当たり前なことに気づかされます。

 

本来、自分で育てていたら
食べすぎることもない。
収穫の時くらいしか。笑

そもそも、食べすぎれるほど作れたらすごいこと。
自分だけの力で。
(そうなりたいっす~!ゆくゆく。)

そして食べるまでに、身体をこうして動かして、太陽の元で。
それだけで健康度は十分アップする。

 

野菜たちの成長をみていると
それらの持つ栄養素は
決して、人間のためではなく
自らが生き延びるたべに持っている
ということを実感します。

そして、それら一部の栄養素だけをみて、
いい、悪い、と判断することって
無意味だなぁと思わされます。

 

 

今後、子育てお母さん向けに
食の講座を開催予定です。

でも、まずは、自分が畑をやり始めて
良かったなぁって…

毎日の食事作りも、この一年で意識がかわりました。

実践なしでは、何も語れないっす。
気づくことができてよかったです…


田植えも始まりましたね~
再来年は、田んぼにも挑戦したいです。
(今は仕事と子育てと現状の畑で、精一杯^^;)

 

なんと、田んぼもお借りできそうで。
京田辺、本当に素敵なところ。

 

 

 

水と太陽の力が日に日に増す最近は
野菜も育つが、草も育つ。笑

草や土づくりについては
次回の畑ブログで触れれたらと思います^^

 

 


 

今後の予定一覧です。
現在募集中は予防接種講座です。
(悠馬さんの占星術講座は満席です。)

【今後の講座予定一覧】5/15 更新

藤原 悦子自然療法スクール&サロン、
お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。2013年、長女の出産をきっかけに、薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を愛知を中心に開催。(のべ1500名以上の方にご受講いただく。)西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。二児の母。(現在第三子妊娠中)

藤原 悦子ブログEtsuko's Blog

お薬に頼らない子育てを
目指すママへ

藤原 悦子お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。長女の出産をきっかけに薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を開催。西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。3児の母。