日本の電磁波問題 〜低周波の電場〜

僕はEMFA(日本電磁波協会)の1級電磁波測定士の資格を持っています。

 

EMFA 一般社団法人 日本電磁波協会

 

電磁波測定士の資格を取った理由は

僕が講義のテーマにしている「食べ物」と同じように

健康に対して慢性的、かつ長期的な影響を及ぼしているものだと思っているからです。

 

僕が測定するのは

インターネットに使う「wi-fi」とか

携帯電話などの電波や

電子レンジのマイクロ波ではありません。

画像出典:JEIC 電磁界情報センター

300Hz以下の超(極)低周波と言われる電磁波測定を僕は行っています。

皆さんの住宅内の電気配線、コンセント、家電製品から発しているものは、

この「超低周波」という電磁波になります。

 

携帯やテレビの電波や、電子レンジのマイクロ波は高周波です。

 

電磁波とは「電場」と「磁場」を合わせたものを指しています。

 

一般的に電磁波の問題は「磁場」だとされています。

「電磁波カット商品」は多くの場合「磁場をカットするもの」です。

 

しかし日本においては、電磁波測定をしている限り、

圧倒的に「低周波の電場」が問題になっているように見受けられます。

 

画像出典:びんちょうたんコム

 

電場はブレーカーを落とさない限りは、

  • 住宅内の壁や床下に存在する電気配線
  • コンセント
  • 家電製品

から常時、強い電場を発生し続けています。

 

これが日本において大きな問題となっています!

 

その理由は、

日本の家電も住宅も電場をアースする仕様になっていないから

です。

 

外国では画像で赤印がついている、「接地極(アース)」のあるコンセントが主流です。

 

日本は「タイプA」のコンセントが利用されています。

これは接地極のないコンセントです。

画像出典:引越しの教科書

 

いくつかの家電には「アース線」がついています。

(冷蔵庫、電子レンジ、)

 

しかしほとんどの家電にはアース線がついておらず、

ついていたとしてもコンセント側にアース端子がありません!

 

なぜこれが問題なのか、もう少し詳しく説明します。

 

日本の一般家庭のコンセントは100V(ボルト)の電圧が使われています。

 

一部、エアコンを取り付ける場所などに

200Vが利用できるコンセントもありますが

ほとんどが100Vのコンセントです。

 

これは各国で違いますが

多くの国では200V以上の電圧がコンセントに利用されています。

 

同じ1000ワットの電力を消費する場合

電圧が100Vか、200Vかで、

流れる電流(A/アンペア)が変わります。

 

 

電磁波に関して、

電場は電圧(V)に比例して

磁場は電流(A)に比例して

強さを増します。

 

つまり200V以上の電圧を主に利用する欧米などの外国と比較して

日本は電場の発生が少なく

磁場の発生が多いことになりますが

 

欧米など、ほとんどの国ではコンセントにアース端子がついています。

家電にはアース差し込みプラグがありますから

家電から発生する電場はアースされます。

だから電場の発生はほぼゼロ。

 

磁場はアース線で解消することができません。

ですので100Vであって200Vであっても発生しますが

電流(A)に比例しますから日本の磁場発生は欧米の2倍ということになります。

 

日本は、かなり電磁波の影響を受けざるを得ない状況です。

 

それにも関わらず、日本の電気使用量は世界第4位。

出典:グローバル統計イヤーブック2018

 

一世帯あたりの電力消費量は1970年代から比較して2〜3倍になっている見込み。

画像出典:日本の電力消費 - 電力事情について | 電気事業連合会

 

しかし電磁波の問題は距離で解決されます。

 

例えばテレビからは当然電磁波が発生していますが

離れて見ている分には大した問題になりません。

 

コタツ、電気カーペットなど、

近距離で長時間利用するものは問題になります。

 

パソコンは直接触れて使用するしかありませんが

ノートパソコンならバッテリー利用で使えば良いです。

電磁波が発生するのは交流電源のみ。

バッテリー駆動時には電磁波は発生していません。

(だからノートPCや携帯をコンセントに繋いだまま使わないでくださいね)

 

「距離を取る」という方法で、電磁波はある程度避けられます。

 

しかしまだ問題が残ります。

 

  1. 距離をとっても低減しきれない家電もある
  2. 距離を取れないのに家電(デスクトップPCなど)に対してアース端子のあるコンセントが家にない
  3. 家電を使わなくても住居の壁と床から常時電場が発生している

 

この3点です。

 

まず3から説明します。これが一番問題です!

2012年に行われたEMFA調査になりますが

昔と比較して屋内の壁、床下に敷かれている

電気配線の量が6倍ほどになっています。

 

配線がある場所は

ブレーカーを落とさない限り

電場が発生し続けます!

 

電磁波は距離が近いほどにその影響を受けます。

 

床、壁に高い電場が常に発生している家で過ごす。

 

このリスク、わかるでしょうか?

たとえ急性的に影響がなかったとしても

その環境でずっと暮らし

強い電磁波を受けながら生活しているわけです。

 

EMFA調査としても

また自分の電磁波測定経験としても

木造住宅2階は床下配線の影響で

強い電場を発しているケースが多いです。

 

多くの場合、寝室は2階にあります。

その床下から高い電場が発生しているということは…

寝ている時間、床にベタ付けで、全身に電場を浴び続けることになります。

 

これじゃあ心身共に休まらない(T ^ T) 

 

それに加えて、大量の家電を現代人は利用します。

多くの場合、コンセントを繋ぎっぱなしで。

 

僕が電磁波測定士の資格を取得したEMFA(日本電磁波協会)では

安全基準を以下に定めています。

(長くなるのでその理由は別記事に書きます。)

 

電場:25V/m(ボルト パー メーター)

磁場:2.5mG(ミリガウス)

 

こちらは我が家で今年新調した石油ファンヒーターです。

(木造19畳 コンクリート26畳用/コロナ FH-VX7317BY)

離れていても70V/mを超えます。

それが、そこにいる人間の身体にも伝わっているのが分かります。

 

同じく今年新調した石油ファンヒーター。

(木造12畳・コンクリート17畳用/コロナ FH-VX4616BY)

上の機種より少し小さいものですが、こちらも高い電場を発します。

 

このカーペットの下には電磁波カット対策をしていますが、

その外、つまり床から家電なしで200V/m超えの電場が出ています。

 

対策なしでは、床 + 家電のダブルパンチです(T ^ T)

 

こちらは我が家の2階、寝室です。

僕の寝るポジションの枕元は165V/m

悦子ポジション、実際に頭部に当ててみると……127V/m

安全基準は25V/mです。

 

画像出典:オールアース住宅 | 電磁波と暮らしを考えるポータルサイト

 

配線が増えすぎた現在の日本の住宅は大きな問題を抱えています。

 

これを解決するために

オールアース住宅のサポート

新築やリフォームでのオールアース住宅の導入がとってもお薦めですが、

今すぐに手軽に対策!というわけにはいきません。

 

ecoreの販売する電磁波対策商品を使うと、手軽にお家の電磁波環境を整えることができます。

電磁波対策商品の販売

詳しくはこちらを読んでください。

10%オフでご購入頂けます。

 

先ほどの石油ファンヒーターも、これで安心。

 

先に挙げました、

  1. 距離をとっても低減しきれない家電もある
  2. 距離を取れないのに家電(デスクトップPCなど)に対してアース端子のあるコンセントが家にない

この2つの問題を解決できます。

 

 

電磁波が高いお部屋で家電に囲まれても

プラグインアース1個とアースインナーニットで

550V/m → 7V/mへ落とせます。

 

寝室の電場の問題も、

布団の下にアースインナーニットを敷けばOKです。

もちろんアースコットンもOK。

 

電磁波測定

近隣の方であれば電磁波測定も承ります。

まず測って家の状況を正確に把握することを強くお薦めします。

正しく対策を取りましょう。

 

  • 安全基準について
  • 電磁波の実際の影響について

 

など、来年になると思いますが

また記事を書きたいと思います。

 

とりあえず、アースを取る対策をしない場合、

パソコンなどはコンセントを抜いてバッテリーで使ってくださいね!

 

藤原 悠馬生化学講師、
EMFA1級電磁波測定士、整体師

「症状と食事を読み解く生化学セミナー」主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない俯瞰力と圧倒的なリサーチ力、分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。MCサビアンシンボルは乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。知識の中に留まる事なく実践と行動から現実と知識に架け橋を作り続ける。

藤原 悠馬ブログYuma's Blog

健康を知ること
= 自然の法則を知ること

藤原 悠馬生化学講師、
EMFA1級電磁波測定士、整体師

「症状と食事を読み解く生化学セミナー」主宰。細胞レベルの代謝、病理、自然界、食文化を縦横無尽に繋ぐ他に類を見ない俯瞰力と圧倒的なリサーチ力、分析力が話題を呼び、全国から多数の現役医師、治療家、美容家、栄養士、料理人、ボディインストラクターなどの健康・治療業界のプロから一般の主婦までがセミナーへ集う。どこにも所属しない、日本で唯一のフリーランスの生化学講師。MCサビアンシンボルは乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男」。知識の中に留まる事なく実践と行動から現実と知識に架け橋を作り続ける。