畑ブログ③ ハーブを育てよう

畑ブログ③はハーブ編です。

 

毎日のごはんは
インスタグラムにちょこちょこ
アップしています。

ごはん作りで意識していることの一つに
ハーブやスパイスを適当に使うこと。

それらによる抗菌作用や抗酸化作用が
現代人にとって有効に働くと考えているからです。
(特にお肉やお魚料理をするとき。)

もちろん、野菜をたくさん使うことでも抗酸化作用、期待できます。
(野菜の恩恵はそれだけではもちろんないですが。)

 

って難しく考えなくても
お料理にハーブやスパイス、ニンニクや生姜を使うことで
私、料理はもともと得意ではなかったのですが
なんだか、ちょっと、お料理上手になった
料理に奥行き?気の利いた感じ?笑
そんな感じになります^^

そして料理に使うようになり、自分で育てるようになって
ようやくハーブやスパイスが身近な存在になってきました。

 

ということで
まだまだ家庭菜園初心者ですが
畑やプランターで育てているハーブたちをご紹介します^^

私も育ててみよう!と
ハードルが下がりましたら♪笑

 


ローズマリー(シソ科多年草)

 

我が家でよくやるのが
お肉と野菜の煮込み。
味付けは塩のみなのですが
ニンニクとローズマリーのおかげで
白ワインに合うお料理になります^^
でも、ローズマリーの入れすぎは注意です。笑
その存在感は数センチで十分発揮されます。

 

 

イタリアンパセリ(セリ科二年草)

これはまだまだ、私、使いこなしてない。
もっともっと、気軽に取り入れていきたい。
バターやチーズにも合いますしスープにも。
といいますか、どんな料理にも合います。
今、最も積極的に使っていきたいと思っている存在です。
畑にも植えて増やしていきたいです。

 

 

バジル(シソ科一年草)

まさに今が旬なバジル。

去年、園芸店で購入したもの(F1)の種を
畑のトマトの周りに蒔いたのですが発芽せず。
野口の種(固定種)で購入し、蒔いて発芽したものの
ちょっと時期が遅かったから大きくなるか微妙‥

トマトとバジルのパスタとか食べたーい!
ということで成長を待ちきれず。笑
園芸店で苗を購入してきました。

そうしましたら、固定種の種から発芽したものが
ぐんぐん成長してくれました;;嬉しい。

バジルってなんだかいいですよね。
色も美しい。その佇まいもなんだかいい。
香りも甘くて刺激的。
虜にさせる要素だらけ。

ホーリーバジルも植えたいと思っています。

 

 

 

コリアンダー(セリ科一年草)

コリアンダー(パクチー)は好き嫌いが分かれる存在では。笑

スパイスカレーを週一は作っている我が家。
ルーを使うことがなくなり
カレーはヘルシーな料理という認識になりました。
1歳の末っ子も食べています^^
もちろん授乳中も問題なく食べていました。

カレールーの問題は添加物もですが
一番は使用されている油脂です。
そもそもスパイスからカレーを作ると
油って最初に少しの使用だけです^^
洗い物も楽チン♡

そんなスパイスカレーに欠かせないコリアンダー。
普段は種のスパイスを利用していますが
フレッシュな葉がまた美味しい〜
(ただ、子たちには控えめにすることも。)

ただ栽培してみたら、
びっくりするほどの成長の早さで。笑
どんどん、花を咲かせていく。
→一年草なため、全力で花を咲かせて結実し種子へと命をつなぐ、つまり1年で枯れてしまうため全力で成長していくと。

どんどん花をカットしていくと葉を長く味わえるようです。
(花が咲くとそちらにエネルギーを取られるので)

エネルギーは限りあるわけではないなぁと
当たり前ですが、植物からも教えてもらいます。
人間も同じ。
どれだけエネルギーがあるか。
症状をどこから出すか。
症状というのは、免疫という仕組みが発動した結果。
免疫が発動するにもエネルギーが必要です。
つまり、エネルギーがあるからこそ
皮膚から症状を出すこともできる。
(皮膚から出さなくてはならないものがある、ということからまず考えなくてはいけないのですが…)

って話が大幅に逸れましたが^^;

そう、コリアンダーの成長のエネルギーは
半端ない!
数日に一回は畑に行っていましたが
それでは花のカットが間に合わないほど
成長のエネルギーが凄まじくて。笑

パクチーよ、恐れ入りました…

私も限りある自分の命、しっかりと生きなくては。

ということで、途中でお花のカットは諦めまして。笑
種子をいただこうと思っています。
スパイスとして使いたい^^

写真よりももっと茶色になったところでカットし
現在、吊るして乾燥中です。

種が落ちても大丈夫なようにビニル袋で保護しています。

 

 

セージ(シソ科多年草)

セージもまだ使いこなせていないっす。
お肉料理に使っていきたいです。

セージってなんだか神聖なオーラを漂わせている。
殺菌効果ありそうですね、という存在感もムンムン。笑
度数の高い焼酎に漬け込みチンキを仕込みました。
希釈してお掃除用に使ってみようと思っています。

 

 

マジョラム(シソ科一年草)

これは種から育ってくれました^^
これらでハーブソルトを作りたいです。
そのために現在、ドライにすべく乾燥中。

 

 

タイム(シソ科多年草)

タイムもいい香り。
ただ、この存在感の強い凛とした香りに
お料理に活用するとき、私はまだ躊躇しちゃいまして。
タイムに負けています。笑

魚介に合うようなのでアクアパッツァや香りづけで
もっとサクッと活用していきたいです。

タイム、ローズマリー、セージ、
この3種のハーブを料理でも畑でも楽しめるようになった時が
「ハーブを料理に活用しています♡」と
胸を張って言えるときだと思っています。(私的に。)
数年後にはそう言えるようになりたいっす^^

 

 

 

カレーリーフ(ミカン科)

ムング豆やレンズ豆で
スパイスカレーを作る時に
この葉っぱを一緒に入れると
とっても美味しい^^

と悠馬さんが苗を買ってきて2年目。
冬は鉢に植え替え自宅で越冬し再び植えました。
当初は「これどうやって料理に活用するんだ?」って
畑でもスルーな存在でしたが。笑
最近、ようやくお近づきになれた…
そんな気がしている私です。笑

 

 

ディル(セリ科一年草)

お魚料理に合うようです。
が、こちらも使いこなせないうちに
花が咲いてしまった〜!!(一年草なので)

黄色の花が可愛いので、これはこれで良しということに。笑

せっかく花が咲いたので
種をいただこうと思います。
ピクルスに漬け込むといいみたいですが
あんまり作らないな、ピクルス…笑

 

 

 

青紫蘇(シソ科一年草)

種から発芽してくれました;;
特に、この種は固定種なので嬉しさもひとしお。
でも種蒔きした数から考えると
成長したのはこれだけか〜という印象も。
案外と発芽するのが難しいのかな?
赤紫蘇は畑で勝手に生えていますが…笑

暑くなってくると青紫蘇の風味が何かと嬉しい。
なんだかんだ食卓で一番活躍してくれるハーブな気がします。

たくさん畑で育ってくれているので
青紫蘇ジュースを作りました。
青紫蘇を贅沢に使うジュース。
これぞ家庭菜園の醍醐味♡

私もゴクゴク♡
材料は青紫蘇、粗糖、お酢、レモン果汁です。

 

 

ネギはちょこっとあると何かと便利なのでオススメします^^

この苗はお隣の畑のおじさんがくれました。
畑のおかげでご縁が色々と広がっています。
それも嬉しいです^^

 

 

 

 

以下はハーブテイー系。

 

レモンバーム(シソ科多年草)


ハーブティーでフレッシュで美味しい。
これとレモングラスとの組み合わせが好きです。
そこに蜂蜜を入れるとこれまた美味しい♡

 

ミント(シソ科多年草)

お水にミントとレモンを入れるだけで
ミントウォーターの出来上がり。
暑い夏にオススメです^^
レモンも栽培できたらなぁ。

 

 

レモングラス(イネ科多年草)

レモングラスもカレーリーフ同様
冬の寒さでやられてしまうとのことで
冬の間は鉢に入れ替え畑から家に移動し越冬。
先日、畑に再び移植しましてまたもや元気に成長中。

ということで、2年目に突入しました。
ハーブティーで美味しく頂いています^^
ドライでもフレッシュでも美味しいです。

レモングラスは夏が合いますね。
もともと南国の植物ですしね。


 

ということでハーブ編でした。

もっとハーブたちの
それぞれの特徴を感じるようになっていきたいです。

野菜と違いそれなりに勝手に育ってくれて。笑
畑でもその存在だけでなんだか癒されるんですよね。

 

最近の畑は実り豊かで
食卓に並ぶ野菜が畑で採れたものが
なかなかの割合を占めるようになってきました。

これがとても嬉しくて。
採れたての野菜の美味しいのはもちろん
自分で作れるようになったということが
ただただ嬉しいです。
まだまだですが。
少しずつ、少しずつ。

何より畑で過ごす時間がとても心地よいです^^

 

畑ブログ①4月 越冬野菜と春野菜

畑ブログ②5月は夏野菜シーズン

 

藤原 悦子自然療法スクール&サロン、
お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。2013年、長女の出産をきっかけに、薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、症状の出る仕組み、予防接種、自然のお手当などの講座を愛知を中心に開催。(のべ1500名以上の方にご受講いただく。)西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。二児の母。(現在第三子妊娠中)

藤原 悦子ブログEtsuko's Blog

お薬に頼らない子育てを
目指すママへ

藤原 悦子お薬に頼らない子育てを応援

看護師として10年、大学病院で勤務。救命科での勤務時、自身の体調不良をきっかけに自然療法の世界に出会う。また、幼少期からのアトピー性皮膚炎に長年ステロイド薬を使用していたが、薬では症状の根本改善しないことを実感。長女の出産をきっかけに薬に頼らない生活に徐々にシフト。身体のメカニズム、自然療法などの学びを深め、子育てお母さんへ向けた身体の仕組み、予防接種の講座などを開催。西洋医学と自然療法からの視点、また子育て母の目線での講座が「わかりやすい」「親しみやすい」と好評。3児の母。